電源を外に延長する方法

とっても多いお問合せ。
「ベランダに電源がないんですけどどうしたらいいでしょう?」

電気設備のことなので正式にお話をし出すと電気屋さん頼んでと大掛かりになります。
以下は簡易的な方法のご紹介です。
あくまで正式な電気設備の法律にのっとったものではないことをご了承いただき、
自己責任でお願いいたします。
※無責任な言い方でごめんなさい

電源をどうするか?
お家の中から延長コードでひっぱり出すのことになります。

どこから?
〜襪ら
▲┘▲灰鵑稜朶浜僂侶蠅ら
ということになります

〜襪ら
コードの隙間だけ窓が開いた状態になります。
この場合施錠の問題があります。
どうしてる方が多いかと言いますと
市販の防犯グッズで二重、三重の施錠用に利用されているグッズ、
窓ロックのようなものをご利用になられる方が多いです。
参照ページ
http://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=%E7%AA%93%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF&tag=googhydr-22&index=aps&field-adult-product=0&hvadid=5342604465&ref=pd_sl_8439ds9swc_b

▲┘▲灰鵑稜朶浜僂侶蠅ら
すでにエアコンの配管が通っている場合はその隙間にコードを通す。
またエアコンの配管穴を利用していない場合、
ホームセンターなのでパテを購入して穴をふさいてご利用いただいております。
参照ページ モニターさんのブログで画像付きで紹介されています
http://tomato637.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1


あとは延長コードとポンプのプラグとの接合部分をどう防水するか?

正式な方法としては
ホームセンターで防水用のプラグを購入して

↑防水用のプラグ
ホームハイポニカの給液ポンプのプラグを付け替えて
防雨型の延長コードを購入してきて防水状態でプラグを差し込む。

↑ 防雨型延長コード
でもこれってポンプのプラグの付け替えが面倒ですよね。
ペンチやいろいろ電気の苦手な方にはちょっと不安・・・。


そうなると普通のプラグを使用して延長することになるのですが、
その場合でもできれば屋外用のコードを使用してください。
※太陽光でコードが劣化するので。
↓ こんなの


でプラグのつなぎ目をまずは自己融着テープというゴムのテープを使います。
↓こんなの

延ばしながらぐるぐる巻きつけることで
防水になります。


せらにその上からビニルテープをぐるぐる巻きましょう。


なぜかというと自己融着テープはゴムでできているので
太陽光に弱く劣化します。
そこで太陽光に強いビニルテープで巻くのですが、
「それならビニルテープだけ巻けばいいじゃない?」
と思われるでしょうが、今度はビニルテープは雨に弱くて、
接着部分が剥がれてきて防水の意味をなくすのです。
水はゴムで、光はビニルで防ぐといった方法になります。
 


          

サイト内検索

疑問や質問を検索してみてね
新しいブログへ 記事一覧へ

最新記事

分類カテゴリー

プロフィール

履歴

新しいブログへ

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
トップページへ 商品一覧へ ハイポニカへ 栽培事例へ 緑のカーテン ブログモニターへ 新しいブログへ

recent comment

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
新しいブログへ