水耕栽培なら脇芽はかかなくていいって本当?

 水耕栽培ならトマトやキュウリの脇芽をかかなくていいって話は本当ですか?
そんなご質問をいただきました。
それは環境条件によります。

水耕栽培、特にハイポニカは根の環境を良くしています。
だから土の栽培や他の水耕栽培に比べても根からの水分や肥料の吸収が良く、
地上部もとても良く育ちます。
詳しくは「ホームハイポニカと自作水耕の違い」をご参照ください。

通常土の栽培の場合、根の量やその吸収の状態を良く保つことが難しく、
脇芽を伸ばし放題にすると株が弱るとされています。
その点、ハイポニカで育てたトマトやきゅうりなどは根が元気に育つので、
脇芽をかかず、伸ばし放題にして着けたいだけ実をつけることができます。
水耕栽培と土の生育

でもハイポニカにも限界があります。
根がどんどん増えて装置の栽培槽いっぱいになると
液肥の流れが悪くなり、根への酸素や肥料の供給が悪くなり次第に老化していきます。
トマトの根
 ↑ 根がいっぱいになった状態。
この栽培槽が大きければ大きい程地上部もそれに比例して大きく育つことができるのです。

例えばホームハイポニカ601型ならトマトでこんな感じ
水耕栽培トマト

それより大きいサイズのホームハイポニカ303型ならこんな感じ
水耕栽培トマト

さらに農業用の水耕栽培装置3m×1mの栽培槽ならこんな感じ。
水耕栽培水平トマト
根の容量にそって伸ばし放題にできる度合いが違います。


それといくら根の容量が大きくても他の条件が整っていないなら伸ばし放題にできません。
よくあるのは日照条件。
例えば伸ばし放題にして伸ばしても陽が当たらない場所に伸びるようならそこで剪定します。
日陰に枝葉が伸びても扶養家族を増やすだけになります。
水耕栽培剪定方法

また株と株が重なるようであれば重なる前に剪定します。
枝葉が重なることで光も当たりませんが、枝葉が混み合うことで
害虫や病気が出やすくなるのを防ぐ意味もあります。
水耕栽培剪定方法

根の条件、光の条件、温度の条件などいろいろな条件がいい場合は
伸ばせるだけ伸ばし放題にしてあげてください。
たくさん実をつけてくれるはずです。

水耕栽培で豆類は栽培できるの?

 「水耕栽培で豆類は栽培できるの?」そんなご質問をいただきました。

店長も何度か栽培してみたことがあります。
種(豆)が大きいためにうまく発芽できず種(豆)からの栽培実績はありません。
これからまた挑戦してレポートしますね。

今回は苗から栽培した事例を紹介します。
まずはさやいんげん。
4月22日に苗の土を落として定植しました。水耕栽培さやえんどう4/21
水耕栽培さやえんどう4/21

5月4日(定植後13日)
水耕栽培さやえんどう5/4

5月22日(定植後約1ヶ月)
水耕栽培さやえんどう5/22

6月6日(定植後1ヶ月半)
いっぱいさやえんどうが取れ始めました。
水耕栽培さやえんどう6/6水耕栽培さやえんどう6/6

続いてそら豆
これは苗を2月くらいに定植していました。
4月21日の様子
水耕栽培そら豆4/12

5月4日の様子
水耕栽培そら豆5/4
下の方にさやが見え始めました。
そら豆さん、空に向かって生えてますね。
水耕栽培そら豆5/4
上の方では花も咲いています。
水耕栽培そら豆5/4

5月22日の様子
水耕栽培そら豆5/22
水耕栽培そら豆5/22

収穫してみたよ。
水耕栽培そら豆5/22

ちゃんと大きなそら豆くんが入っていました!
水耕栽培そら豆5/22

水耕栽培でもちゃんと豆類の栽培を楽しむことができますよ。

水平に設置 どの程度厳密にする必要がある?

 「装置を水平に設置と書かれているけどどの程度水平にする必要がある?」
「水平にしないと液肥が栽培槽(根の張る槽)に行き渡らない?」
このようなご質問をいただきました。

栽培槽に水をはった時に目で見て傾きがない程度で充分です。

501型、601型では栽培槽の容量が4〜6リットル、
大きな303型でも栽培槽の容量は20リットルです。
それに対して循環ポンプは5〜7リットル/分流れるため、
少々傾いていてもまず全体に液肥は流れる構造になっています。

では何故水平にする必要があるか?
一番の目的は液漏れを防ぐためです。
傾いているとどうしても液肥が漏れやすくなります。
最初は大丈夫でも根がいっぱいに張ると、
更に液漏れの可能性が高くなります。
詳しくはこちらの記事「をご参照ください。
トマトの根 あふれ

根の生育が見られるように透明の容器にするとどう?

ハイポニカではこのように根が生育します。
でも前記事(内部は見られる?)でご説明したとおり栽培中は一部しか見ることができません。 
トマトの根

601給液部

「ガラスなど透明な素材にして根の生長が見られるといいのに。」
そんなご質問、ご要望をいただくことがあります。

そうですね、根の生長を見るにはその方がいいですね。
でも、肥料の入った液肥に光が当たるとどうしても液肥内に藻が発生してしまいます。
藻が発生すると、
〜瑤鉾醂舛魑曚錣譴討靴泙
∩瑤液肥ないの溶存酸素を消費してしまう
A瑤大量に増えると液肥がドロドロになってしまう
このような理由で液肥の循環回路は光を遮断した構造が望ましいのです。

それでももちろん藻は発生します。
葉野菜などは培地が藻で緑になってしまいます。
ですが株元に少し藻が発生した程度では大して
肥料や酸素を消費しませんのでこの程度は気にせず栽培を続けてください。
詳しくは「株元の培地(スポンジ)が緑になるけど大丈夫?」の記事をご参照ください。
501株元緑601株元緑

601型の詳しい構造:内部は見れる?

ホームハイポニカ601型の内部、根の部分は見られる?

内部や根が見られるような構造かどうかですが、
一部はフタを開けて見ることができるようになっています。

ホームハイポニカ 601型は緑の栽培槽の上に発泡パネルがあり、
その上にトマト型カバーが重なっています。
601組立2
601組立3601組立9
栽培を始めると上の画像の2箇所のフタを開けた部分からしか内部を見ることはできません。

栽培槽の下(液肥槽内)も栽培槽の四角穴(循環ポンプを入れる穴)から
少しは見ることができますが、奥の方までは見ることはできません。

601給液部

「ガラスなどで根の生長が見られるようにしたらどうか?」
そんなご質問もあったので別記事でご説明いたしますね。
以下参照。

601型の詳しい構造:空気混入器からの液漏れ

 ホームハイポニカ601型で空気混入器から栽培槽に流れる際に他へ液漏れなどしないのか?
そんなご質問がありました。

構造としては空気混入器の先が発泡パネルの中に入り込んでいるので基本的には
液漏れはありません。
601組立10

ですが、多少は液の飛び散りがあります。
そのため栽培をしているうちにトマト型カバー上に肥料結晶の汚れが出ます。
601給液部よごれ

同様に発泡パネルにも飛び散った液肥で肥料結晶が表面につきます。
601給液部よごれ2

この程度の液漏れがあることはご了承ください。

ホームハイポニカ601型の組立・構造

 ホームハイポニカ601型の組立方法と構造についてご説明します。

お買い求めの際は取扱説明書のほかに簡単設置ガイドがあります。
ほとんど組み立てられた状態で梱包されていますし、
図解で組立方法を解説していますのでご安心ください。
601簡単設置ガイド2

以下では構造も分かりやすいように一から組立の説明をします。
^貳岾安Δ縫廛薀好船奪のトマト型カバー(下)があります。
601トマト型カバー下
トマト型カバー下には液漏れを外に逃がす穴があります。
601型で発生する液漏れについてはこちらの記事をご参照ください。
601トマト型カバー排水穴

△海涼罎鉾泡液肥槽を入れます。
これは穴のない発泡スチロールのお椀型の槽です。
中央にこの後重ねる栽培槽を支える柱があります。
601発泡液肥槽601組立1

次に重ねるのが植物の根の張る槽、栽培槽です。
緑色の槽で約2mmの厚みがあり、液や根で槽がいっぱいになっても
たるまない位厚みと強度があります。
601栽培槽1601栽培槽厚み

いΔを差し込んだ状態で栽培槽を発泡液肥槽の上に重ねます。
その際、勘合部分がありますので位置に注意して重ねてください。
601組立2
601勘合部分

栽培槽と発泡液肥槽は以下の図の段差で支える構造になっています。
601型組立13

タ絨鳴汗甦匹鯑れます。
しっかり奥まで差し込みましょう。
水漏れの原因になります。
601組立4
水位調節管位置2水位調節管位置1

θ泡パネルを重ね、フタをします。
601組立3

Ч垢縫肇泪鳩織バー上を重ねます。601組立5

┷惑殀に培地を緑、黄色の順で重ね入れ、中央の穴に入れます。
601組立7
601組立8

がく型カバーで栽培鉢を固定できるようになっています。
こうすることで苗が風などで飛ばないようにしています。
601組立9

循環ポンプと空気混入器セットをつなげ、循環ポンプを液肥槽の中に、
空気混入器を所定の穴に入るよう以下のように設置します。
601組立10

発泡フタで2箇所の穴を覆います。
601組立11

トマト型カバーのフタもして組立完成です。
601組立12

トマト・ミニトマトの種の採り方

 トマト・ミニトマトの種を採りたい
そんなご質問があります。

もちろん種を採ることはできます。
でもご注意ください。
一般にトマト・ミニトマトの種は採ったトマト・ミニトマトと同じ種にはなりません。
今売られている種や野菜のほとんどがF1種子と言って
交雑していい形質がでるように作られた品種です。
おいしかったり、病気に強かったり、たくさんなったり、大きく育ったり・・・。
人間の品種改良の成果で今のおいしいトマトやミニトマトがあります。

この交雑された品種はその種をまいても
芽が出て育った苗は同じ性質を示さなくなるんです。

人間の子供だって親から生まれても親と違いますよね。
それと似たようなものです。

ただ、同じにはなりませんがダメな品種と決まった訳ではありません。
種をとってどんな枝葉になるか?実がなるか?
楽しむのもひとつだと思います。

その上でどうやって種を採って保存すればいいか?

,泙困靴辰り熟させてください。
未熟な実では種も未熟なことがあります。
充分熟して勝手に落ちるくらいまで待ってもいいくらいです。

⊆造鬚弔屬靴銅錣里△襯璽蝓蕊瑤鯣酵させましょう。
この過程はしない方もいらっしゃいますが、
次の工程のゼリー部やヌメヌメが取り除きやすいくなるようです。
種とゼリー部を容器に入れて1週間ほど放置しておきます。

C禮しなどで水洗いしヌメヌメをとります
細かいザル、茶漉しなどがいいです。
これに入れて水道水で流し洗い種のまわりのヌメヌメを取り除きます。

た景校罎両紊覆匹砲いて乾燥させます
 
ゥ咼縫訛泙覆匹い譟⇔簑庫で保存しましょう。

あとは春になったら種をまいて生長を楽しみましょう!

ちなみにお子さんが食べて播いた種が芽を出して、
それを育ててどんなミニトマトができるか?
そんな栽培を楽しんだまよぱぱさんのブログがあります。
とってもおいしいミニトマトがとれたみたいですよ。
お子さんとの微笑ましい栽培のようすが記事になっています。

トマト・ミニトマトの寒さ対策


 トマト、ミニトマトに青い実がたくさんついているけど、寒さでダメになりそう・・・。
どうしたらいいのだろう?
そんなご質問があります。

方法はいくつかあります。
‘当りの良い室内の窓辺に移動する
日当りはないが暖かい室内に移動する
0榮阿任ないのでビニルハウスで対応する
ぅ咼縫襯魯Ε垢貌らないので簡単に防寒する
ゼ造凍る前に青いまま収穫して室内で赤くする
この順番にできる範囲で対応してみてください。
それぞれの説明は以下をご参照ください。

‘当りの良い室内の窓辺に移動する
装置(鉢)ごと移動ができ、日当りの良い室内の窓辺環境があればベスト。
冬でも継続して栽培ができます。
移動するタイミングは11月くらい。
地域によっても違いますが、
窓辺でよく光が当たるといっても屋外の光に比べると日照はとても少ないです。
できるだけ屋外の光に当ててあげて育て、
最低温度10度を切って生育が緩慢になる前に移動してあげましょう。

その際の注意点ですが、本当によく陽が差し込んでいるか確認してください。

明るい窓辺と陽が差し込む窓辺では植物の生育は全く違います。
実を太らせるには充分な光が必要です。
観葉植物などは間接的な光で育つ植物もありますが、
実をつける野菜は葉に直射日光が当たることが必須条件です。
あと、ミニトマトなら室内の窓辺の陽射しで実をつける実績がありますが、
トマトのように大きな実を太らせるのは窓辺では難しいかもしれません。
それでもよく陽が差し込むとある程度屋外の陽射しで育った実は
収穫までたどりつく可能性があります。

日当りはないが暖かい室内に移動する
日当りがない場合、次第に葉が黄色くなって生育は止まり
最後には枯れてしまいますが、
これまで着けていた実が室内の温かさで赤くなります。

でも全ての実を赤くすることはできないです。
移動の時期は地域によりますが、最低温度5℃を切ったあたりから
トマトやミニトマトは生育が止まってしまいます。
それまでは屋外でできるだけ光にあててあげてください。
室内に移動してからは充分な光がありませんから、
味はどうしても薄くなりますが室内の温度で実が赤くなります。
実が赤くなる条件についてはこちらで詳しく説明しています。
それでも実だけとって室内に入れるより、株ごと移動できる方が、
葉や植物に残っている糖が実に転流しておいしくなります。
移動できるのであれば株ごと移動する方が断然おいしくたくさん収穫できます。

0榮阿任ないのでビニルハウスで対応する
大きく育つと室内に移動できない場合が殆どですよね。
その場合、市販のビニルハウスに入れてやると栽培期間を伸ばすことが出来ます。
でも、ビニルハウスは光の当たっている昼間の温度を上げる効果があるに過ぎません。
昼間の温度があがるだけでも実を赤くするのを早くすることができますが、
夜間の温度は同様に下がります。
当店取扱のビニルハウスでの温度変化データハウスの温度変化
霜や雪よけ、冷たい風が直接当たるのを防ぐだけでも随分栽培期間は
伸ばすことができますのでビニルハウスがないよりある方が断然良いですが、
それだけで冬を越すのは難しいと思います。
氷点下になるとトマト、ミニトマトは枯れてしまいますので(詳しくはこちら)、
枯れる前にイ諒法で実を室内に移動してください。
でも、もしかするともしかすると、地域や環境条件によっては何とか越冬するかも?
ダメもとで挑戦してみるのもひとつです。

ちなみに当店で扱っている簡易ビニルハウスはこれです。
実がついてるくらい大きくなったトマトやミニトマトは入らないかな?
簡易ビニルハウス
詳しくはこちらから

ぅ咼縫襯魯Ε垢貌らないので簡単に防寒する
ビニルハウスと言ってもちょうどいい大きさがなかったり、
生長した後に入れるのは難しい場合がほとんどですよね。
でも室内にも移動できないし・・・。
そんな場合、霜・雪・冷たい風が直接当たるのを防ぐ目的で
ビニルをかけてやるだけでも少し栽培を伸ばすことができます。
トマトやミニトマトは葉が霜や雪、冷たい風で凍ることで枯れます。

詳しくはこちらをご覧ください。
そうなるのを少しは防ぐことができ、すこーし栽培期間を延ばせます。
でも冬を越すまでは厳しいと思います。
ですが実が凍る前に以下のイ梁弍で青い実を室内に移動させてあげてください。

ゼ造凍る前に青いまま収穫して室内で赤くする
上記のように氷点下を切ったり、霜や雪、冷たい風で実が凍ると
その後に暖かい室内に移動してもその実は赤くなりません。
そうなる前に青い実を収穫して室内に移動することで
ある程度育っていた実は数日で赤くなり食べることができるようになります。
トマト・ミニトマトが赤くなる条件については詳しくはこちらから。
また青い実もトマトのピクルスなどにして食べることができます。
クックパッドでのトマトのピクルスの紹介はこちら。
青トマトのジャムの紹介はこちら
ぜひ最後まで楽しんでみてください。

単為結果について 受粉しなくても実がなる

 単為結果ってご存知ですか?
通常果実はめしべに花粉が受粉して実をつけます。
ところが受粉しなくても果実が太ることがあるんです。
それを単為結果といいます。

たとえばきゅうりが分かりやすい例で、
キュウリは受粉をしなくても勝手に実を太らせる単為結果の性質を持っています。
キュウリを食べた時に中に種ってないですよね?
バナナやイチジクも単為結果の性質を持つ植物の例です。

またトマトやミニトマトにも単為結果の性質も持った品種があります。
代表的な品種はトマトではサカタのたねさんの「ルネッサンス」
ミニトマトではホームハイポニカ601,303におまけでついてる「ネネ」です。

左は単為結果のルネッサンスの果実。
種がないためゼリー部が少なく、果肉部が厚くなります。
一方右のトマトは受粉によって種のできた桃太郎系のトマトの実です。
単為結果のトマト

このようにその植物や品種の性質上、単為結果であることもあれば、
通常受粉で実を太らせる植物や品種も人工的な処理で
受粉しなくても実を太らせることができます。

例えばホルモン処理。
本来花粉がめしべに受粉した時に発生する植物ホルモンを
人工的に花に噴霧することで花粉で花に受粉したと勘違いさせて
実を太らせる方法です。
想像妊娠みたいなもんでしょうかね?
この場合も種はできないんですよ。

トマトトーンやトマトランと言われるホルモン剤が良く知られていますよね。
夏場、暑さで花粉の状態がよくないときにトマトやミニトマトの着果や、
温室栽培で虫がいない環境下で実をつける時に利用される方法です。

このような人工的に受粉の刺激を与えて受粉せずに実をつけることを他動的単為結果、
植物や品種の性質上、受粉しなくても結果するのを自動的単為結果と言います。

「自動的単為結果だと種ができないの?」
「いや私はキュウリの種を見たことがある!」って方もいらっしゃるでしょう。
そう、自動的単為結果であっても受粉すれば種はできるんですよ。
単為結果の植物や品種で種が欲しい場合は雌花に花粉をつけるか、
雌雄同花のトマトやミニトマトなら咲いた花を指で弾いたり、
指でつまんだりして受粉させてあげてください。


          

サイト内検索

疑問や質問を検索してみてね
新しいブログへ 記事一覧へ

最新記事

分類カテゴリー

プロフィール

履歴

新しいブログへ

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
トップページへ 商品一覧へ ハイポニカへ 栽培事例へ 緑のカーテン ブログモニターへ 新しいブログへ

recent comment

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
新しいブログへ