太陽光パネルを利用した水耕栽培

太陽光パネルを利用した水耕栽培を当店では毎年実験しています。

太陽光パネルの利用は2種類。
1つは太陽光パネルに
20Wの太陽光発電パネルに12Vの別購入のポンプを直結させて太陽が当たっている時だけポンプが稼働するもの。
太陽光パネル03
125Wの太陽光発電パネルに充放電制御版・インバーター・バッテリーをつけて24時間稼動可能にさせたもの。
太陽光パネル01

少々曇や雨が続いても平気なように△和腓めの太陽光発電パネルを設置しました。
この装置なら1週間程雨や曇でも24時間ポンプが止まることなく稼働しています。

でもとても大きなパネルに制御版やバッテリー、たった6Wのポンプを稼働させるために
あまりにも大きな設備が必要です。

しかし、そもそも植物は太陽が当たっている時に光合成をしたり蒸散をしたり
多くの活動をしています。
ならば,梁斥杆が当たっている時だけポンプが稼働していれば十分ではないか?
それが可能であれば太陽光パネルの利用も簡易で単純な装置で済みます。

そこで,任梁茖渦鷓惑歇存海鮃圓覆辰討澆泙靴拭
6/9太陽光&24時間
↑手前が太陽光が当たっている時だけポンプ稼働のトマト
奥が24時間ポンプ稼働の通常の水耕栽培トマト。
6/9太陽光&24時間
↑24時間稼働(6/9の様子)
葉のボリュームが違うのがわかりますか?

6/30の様子では
6/30太陽光&24時間
↑太陽光照射時のみ稼働(6/30)
6/30太陽光&24時間
↑24時間稼働(6/30)

7/21太陽光&24時間
左 24時間稼働トマト  右 太陽光照射時稼働トマト(7/21の様子)

8/23太陽光&24時間
左 24時間稼働トマト  右 太陽光照射時稼働トマト(8/23)
右が枯れ始めています。トマトサビダニという害虫の被害があっという間に広がりました。
8/26太陽光&24時間
8/26のトマトサビダニの被害が大きくなったときの様子。

8/26太陽光&24時間
一方、24時間稼働のトマトは元気です。
その後以下のように10月まで栽培を続けました。
10/31太陽光&24時間

やはり日が当たっていない時間に液肥の循環が止まることは植物へのダメージは大きいようです。
太陽光照射時稼働のトマトの根はこんなふうになっていて、根がずいぶんいたんでいました。
これがトマトサビダニの害を広げて一度にダメになってしまった要因だと思います。


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています ポチッとクリックしてもらえると励みになります

ショップホームページへ


そこで第2回太陽光パネル栽培実験では太陽光照射時稼働の養液に根が傷みにくいように
微生物の資材を投入しました。
その時の栽培はミニトマトでこんな具合になりました。
6/22太陽光&24時間
左 太陽光照射時稼働ミニトマト(微生物資材入)
右 24時間稼働ミニトマト (6/22の様子)

7/7太陽光&24時間
左 太陽光照射時稼働ミニトマト(微生物資材入)
右 24時間稼働ミニトマト (7/7の様子)

7/17太陽光&24時間
7/17の様子

8/4太陽光&24時間
8/4の様子

このように24時間稼働の水耕栽培ほどの生育ではないにしても、
十分家庭で水耕栽培を楽しむ程度には育ってくれました。
△里茲Δ癖雑で過大な太陽光パネル装置をつくらなくても、
,里茲Δ粉憤廚巴噂磴柄置での太陽光パネルを利用した水耕栽培が
微生物の力を借りることで十分楽しめると判断しています。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています ポチッとクリックしてもらえると励みになります

ショップホームページへ


灰色カビ病 トマトの実が灰色に腐っているのは何?

 とっても熱心なホームハイポニカユーザーの石川県Nさんからこんなご質問がきました。

へたの周りが茶色く変色したトマトが出ました。
今のところこの1個以外には症状が出ていません。
この時期に病気の果実を見るのは初めてのことです。これは何の病気でしょうか?
トマト灰色カビ

これは灰色カビ病です。
20℃くらいの温度帯で湿度が高い時に発生します。
屋外で栽培することが多い家庭菜園ではほとんど見られない病気です。
●梅雨で湿度がたまりやすい時期であること、
●このNさんは水平栽培に挑戦されていてどうしても茎や葉が重なり湿度がたまりやすい
※Nさんの挑戦しているホームハイポニカでの水平栽培についてはこちら
この2点が要因で発生したのでは?と思います。

多発していないようであれば屋外栽培では出ない病気なので、
気にしなくても大丈夫だと思います。
ただ、このような実が多発し、茎にも侵食しているようなら対策が必要です。


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています ポチッとクリックしてもらえると励みになります

ショップホームページへ

★まず灰色カビ病とはどんな病気か?

ハウス栽培のトマトでは常連の病気で、春・秋など温室を締切る季節、
ハウス内の湿度が高くなり多発します。

花弁の枯れた部分やガクの枯れた部分、枯葉など、
最初は枯れた組織に灰色カビが繁殖し、
そこから生きた元気な組織にも侵食して実や茎をダメにしてしまいます。

上記の画像のように青い実が灰色に腐っていき、
枝からボトっと落ちるようすから別名「ボト」とも言われています。

多発すると実がボトボト落ちること、
あとは枯れた葉から茎にカビが侵食し、
茎がカビの害でダメになるとその先の枝葉が全て萎れてダメになります。
灰色カビ茎
こうなると実は落ちるは、枝葉はダメになるはと被害の大きい病気です。

★対策は?
“症している果実・葉を取り除く。
発症している茎をカッターナイフで削りとる。
灰色カビ茎
M佞箏圓重なっている部分で湿度が高くなり発症するので
重なった葉をハサミやカッターナイフで切り、風通しを良くする。
じ呂譴寝嵎曚簍佞ら入りやすいので、枯れた花弁や葉を取り除く。
コタДビに効果のある農薬を散布する

★灰色カビに効果のある農薬
園芸店やホームセンターなどでトマト・灰色カビと表示のある農薬を探してください。
湿度が大敵の病気ですから、散布後に乾くように夕方ではなく、暑くなる前の朝方の散布がおすすめです。

農薬はちょっと・・・?と気にされる方にはこんな農薬があります。
ボトキラー
これは納豆菌からできた有機栽培でも認められている環境にも食べるのにも安全な殺菌剤です。
うどん粉病などにも効果があって家庭菜園用にも販売されています。
ボトキラー
詳しい内容は別の記事にします。こちらから

まず屋外栽培の家庭での栽培ではここまでする程被害は出ないと思います。
Nさんもこれ1個のことであれば対策も不要で気にせず栽培を続けてください。
ハウス栽培の方は多発して被害の大きい病気なので注意して欲しい病気です。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています ポチッとクリックしてもらえると励みになります

ショップホームページへ


緑のカーテン、水耕栽培なら生育が早い!6月からならどう?

 水耕栽培の特徴のひとつは生育が早いこと。
だから緑のカーテン グリーンカーテンに最適です。

6月からでも間に合いますか?
とのご質問が最近多くあります。
もちろん水耕なら間に合います!

昨年キュウリ・朝顔を育てた事例を紹介しますね。
ただ、我が家の装置の都合でホームハイポにか501型を利用していますが、
通常実のなるキュウリの栽培はホームハイポニカ601型もしくは303型をご利用ください。
501型では短命になってしまいます。(詳しい理由はこちらから)

6/1種まきをしたキュウリ6/24の状況です。
キュウリ6/24

7/7にはこんな状態。右の土栽培と生育の違いわかります?
7/7キュウリ

7月16日の様子です。
7/16キュウリ

8/5にはこんな感じにカーテンになりました。
8/5全景

部屋の中から見ると・・・
葉っぱが日差しを遮るけど暗い訳ではなく涼しげでしょう?
8/3キュウリ中から

そして涼しいだけでなく、うふふ(^0^)/。
キュウリがいっぱいぶら下がってます!
8/4キュウリいっぱい

僕んちキュウリだけじゃなくミニトマトやスイカでも緑のカーテンなんだよん!
8/6大収穫祭
>
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています ポチッとクリックしてもらえると励みになります

ショップホームページへ


朝顔の場合はこんな具合
6/1種まきで6/22にこんな感じ。
朝顔は左の二つの苗です。右のはサントリーのグラリオってお花の苗です。
朝顔6/22

7/7でこんな具合
7/7朝顔

8/13の状態です。
8/13朝顔

全体像を見てもらうと
これが7月5日の状況です。
奥はスイカやミニトマトを3月から栽培していまるので早く窓辺を覆っています。
ミニトマトの栽培状況はこちらで詳しく記載してます
(なんと1本のミニトマトから3292ヶミニトマトを収穫)
7/5全景

種まきから約2ヵ月の8/5にはキュウリと朝顔で右側の窓辺を覆いました!
8/5全景

>
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています ポチッとクリックしてもらえると励みになります

ショップホームページへ


ミニトマトの葉の斑点は何?

 ブログモニターさんのくるまるさんより質問がありました。

この白い斑点は何?
葉やけ

これはおそらく病気ではなく葉焼けだと思います。
曇や雨が数日続いて急に晴れるとその強日照に葉が焼けることがあります。
一時的なことなので晴れの天気に慣れると焼けなくなります。
これが日に日に増えるようなら別の病気を気にする必要がありますが、
増えないようであれば問題ありません。

また、別の場所の葉でこのような黒?紫?の斑点も。
老化葉
これは老化した葉に出やすい症状で、下の方葉に出ます。
上の方の若い葉に出れば気にする必要がありますが、
株元の古い葉であれば気にしなくて大丈夫ですよ。

いつも細かい植物の変化に気付いてくださる「くるまるさん」。
くるまるさんのブログはこちらです。
太陽光発電の電源で間欠運転のホームハイポニカと
通常の24時間稼動のホームハイポニカとの比較栽培をされています。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています ポチッとクリックしてもらえると励みになります

ショップホームページへ


夏にもヒーターを入れたほうがいいか?

 ホームハイポニカ303型にはヒーターがあります。
夏場でもヒーターは入れておいた方がいいか?

できれば入れないほうがいいです。
理由は温度が上がりすぎる危険があるからです。

冬場は液温が下がりすぎるのでヒーターで温めることで
根の温度を上げることができ、生育が止まるのを防ぐことができるのですが、
夏場は上がりやすくなる危険性があります。

もちろんヒーターは設定温度以上では作動しないのですが、
早朝、一番液温が下がる時間帯でも25℃をキープすることになるので、
その後の温度上昇が早くなり、最高温度が高くなりすぎるのです。
ですから、夏場の栽培ではヒーターを初めから入れない。
もしくは5月中旬くらいからは電源を抜いて栽培してください。

液温が上がりすぎると酸素の飽和量が少なくなります。
温度自体が高いのも問題ですが、根にとっての酸素が減ることも生育によくありません。

通常は暑くなる頃までに枝葉が伸びて、装置に直射日光が当たりにくくなります。
それで液温の上昇は防げますが、手を入れてぬるいお風呂のようになる場合は、
銀色の車のシェードなどを利用して装置に遮光してもらうといいです。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています ポチッとクリックしてもらえると励みになります

ショップホームページへ


雨で水耕栽培の液肥が薄まる? 対応は?

春の長雨、こんなご質問が来ました。

装置の中に雨が入ってあふれています。
肥料が薄まってしまうけどどうしたらいいでしょうか?
全部作り変えた方がいい?

雨の水耕栽培の対応
そうですね、装置の形状や雨の量にもよりますが、
激しい雨の場合肥料の濃度は3分の2〜半分に薄まることがあります。
でも肥料がゼロになってしまうことはまずありません。
小さい苗の場合、必要な肥料の量も少ないので、
新たに追加しなくても十分育ちます。


では大きくなった時は?
雨の水耕栽培の対応
大きくなるとそもそも枝葉で装置を覆うようになるので、
雨がたくさん降っても装置に雨が多くは入りません。
また、吸収して減る量が多いので日々新しい液肥を追加するようになります。
ですので、雨による液肥の薄まりはあまり影響しません。

ですから基本的には雨で液肥が薄まっても
新たに肥料を追加する必要はありません。

でも小さい苗の時、どうしても気になるようなら4分の1程度
肥料を追加してもいいのではないかと思います。

「えー、どれだけ薄まったか分からないのに適当に追加していいの?」

大丈夫です。
家庭菜園で栽培を楽しむ上ではこの濃度が倍になっても濃すぎることはありません。
でも将来徐々に濃くなる傾向があるので
実は500倍の濃度は最適と思われる濃度の半分の濃度設定になっています。
詳しくはこちらの記事をご参照ください。
「肥料の濃度調整・肥料の追加方法」

肥料濃度のことはそれほど神経質にならずに栽培されたら大丈夫ですよ。

ショップホームページへ


ご注意いただきたいのはペットボトルの簡易水耕の場合、
下の液肥が上の槽のバーミキュライトに到達すると
上の槽に酸素が不足して根が腐る恐れがあります。
その場合は下の液肥を少し捨てて、
下の槽と上の槽の間に空間があるようにしてください。

簡易水耕の注意点

簡易水耕の注意点

この内容の詳しい記事はこちら
ペットボトルの簡易水耕で水耕栽培の実験をしたい

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています ポチッとクリックしてもらえると励みになります

ショップホームページへ


苗を定植する方法

 種からではなく苗を購入してきて定植する場合、
一晩水に浸けておく必要がありますか?

こんなご質問をいただきました。

ホームハイポニカでは苗を購入してきて植えつける方法があります。
植え方
詳しい手順はこちらのページでご説明しています。

この時、固い土に植えつけられている苗の場合は1晩なりしばらく水に浸けた方がいいかもしれません。
苗のポットを外して水に浸けた時にハラハラと簡単に土がほぐれ落ちる場合は浸ける必要はありません。
植え方

要は土をほぐし落とすのに必要以上に根を傷つけることのないようにしたいのです。
土に植わった苗から土をほぐし取るのですから多少根を傷めることにはなります。
固い土で根がしっかり土に絡んでいる場合は1晩なりしばらく水に浸けることで
土をほぐし落としやすくなります。

しかしいずれにしてもきれいに土を落としきることはできません。
土を落とすことに専念すると根を傷めることになりますから、
ある程度土を取り除くことができれば少々土が根についた状態でも構いません。
土のトマト苗
こんなぐらいでも大丈夫。

土が残っていたら病気が蔓延するのでは?
水耕栽培って根の病気が怖いのでは?

確かに土には病原菌が住み着いているでしょう。
でも家庭菜園で栽培を楽しむ場合には農業のように1年とかの長期の栽培をする訳ではないので
それほど根の病気を気にする必要はありません。
それよりは、この土を丁寧に取り除く作業で根を傷つける方が、
その傷から根が腐りやすくなるので注意が必要です。

液温が高くなる真夏に苗を定植する時は特にこの点に注意が必要です。
真夏であれば定植してから数日は装置ごと日陰に置くか
何かで装置と苗を日陰にしてやることで液温の上昇と、
苗のしおれを防いであげてください。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています ポチッとクリックしてもらえると励みになります

ショップホームページへ



ハイポニカと自作の違い


簡易水耕 根は不織布についてもいいの?

先日の記事で小学生のお嬢さんに簡易水耕の説明をしました。
その後追加のご質問。

根はフェルトなどの不織布に触れるようにした方がいいのですか?
触れない方がいいのですか?

触れるようにしてください。
この布を通じて水分や栄養を上部のバーミキュライトに供給します。
なので根は多くの水分や栄養を求めてこの布にからみつくようになります。

 3/13小松菜
左のペットボトル簡易水耕の根は下に出ているフェルトに絡みついて伸びています。

ハイポニカ肥料B液の色が濃くなったけど大丈夫?

 ハイポニカ肥料B液の色が濃くなった気がするが劣化したりしているのか?
これを使用して大丈夫?
そんなご質問をいただきました。

私も以前同じことに気付きメーカーに問合せをしています。B液の色
右が冷暗所に保存したあったB液。
左が屋外の光の当たる場所に保管していたB液。
ものすごく濃くなった印象がありますよね。

メーカー見解では液肥のpHの微妙な変化で成分の一部キレート鉄が
変色するようです。
でもこれが植物の生育に影響する変化ではないとのこと。

変色してもそのままご利用ください。

ショップホームページへ

ペットボトルより大きな簡易水耕

 前回の記事でトマトのような大きく育てる野菜には2リットルのペットボトルでは
容量が小さすぎるとお伝えしました。

簡易水耕の注意点

ではどんなのがいいのでしょう?
この図ではバケツを利用していますが、バケツに穴を空けるのは大変。
そこで加工しやすい発泡スチロールの容器を利用して作ってみました。

まだこれで栽培に成功した訳ではないのでまだまだ工夫が必要かもしれません。
途中段階の試作ですのでその点ご留意ください。

,泙哉泡スチロールの容器を2つ用意します。
スーパーでもらえる所もありますし、ホームセンターでも売っています。

▲侫燭良分を切って、下の容器に写真のように入れます。
これは上部の重さを支えるためです。




上部の容器の底に穴を開けます。
※これはもっと数が多い方がいいかも・・・?


げ蕊瑤陵憧錣縫侫燭鬚靴鴇しずらして上部の容器をのせます。
上部の穴から下部のフタにも同じ位置に穴が開くように印をし穴を開けます。
更にずらした部分に給水や下の液の様子を見るための穴も開けます。

少しずらしています。

下部のフタの穴です。右に穴はずれた部分で液の様子を見るための穴です。

シ蠅防埒ド曄淵侫Д襯箸任いい任垢茵砲鮴擇辰篤れ、隙間も不織布で埋めます。


上部にも下部にも不織布が長く出ているようにしましょう。

上部の状態。
下にもこれだけ不織布が出ています。

容器を重ねます。




┘撻奪肇椒肇襪隆憤弯綛未醗磴ね憧錣大きい分、中の通気が悪くなるので
鉢底石を入れましょう。
その際、不織布は横に寝かせず、縦に上に伸びるようにしてください。
この不織布を通じて水分や養分が下の槽から上の槽に供給されるので、
上の容器全体に液肥を供給するためです。


バーミキュライトを同様に入れ、500倍に薄めたハイポニカ肥料を上から浸み込ませる
ように少しずつ流しいれます。


種を直接播いて下さい。
苗の場合は土を取り除かずポットを外してそのまま定植してください。

この栽培はこの春始めたばかりなので結果は今後お伝えします。
装置は改良が必要かもしれません。
その点ご了解の上でお試しください。


          

サイト内検索

疑問や質問を検索してみてね
新しいブログへ 記事一覧へ

最新記事

分類カテゴリー

プロフィール

履歴

新しいブログへ

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
トップページへ 商品一覧へ ハイポニカへ 栽培事例へ 緑のカーテン ブログモニターへ 新しいブログへ

recent comment

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
新しいブログへ