11月トマトが甘くて美味しい訳

店長宅では9月の台風被害から復帰して開花した花の実がただ今収穫の盛りになっています。




11月のトマト?
どうせ美味しくないんでしょ?
そう思う方が多いと思いますが逆にすごく甘くて美味しいんです。

見てくださいこのトマト。
この緑の筋、いやぁじっくり太陽の恵みを蓄えて本当に美味しそうです。


なぜ立冬も過ぎたこの時期の11月トマトが美味しいのか?
以前も紹介しましたがトマトやミニトマトが何日で赤くなるかは積算温度で決まります。

積算温度について詳しくはこちら 
http://q-and-a.gokigen-yasai.com/?eid=18
http://q-and-a.gokigen-yasai.com/?eid=19

花が咲いて受粉した日から毎日の平均気温を足していきます。
それが800〜1000℃(ミニトマトなら750〜850℃)に達した頃に
実が赤くなり収穫できると言われています。
※トマトの品種によっても違いますのでこの積算温度は目安です。
 

今年の広島市の平均温度と日照時間のデータで調べてみました。


おいしくなると思える真夏の時期、
例えば7/30〜9/3の36日間で積算温度が1000℃に達します。
その積算日照時間は189.5時間。

一方昨日収穫したトマトは計算上9/22〜11/13の53日間で積算温度が1000℃に達しています。
この間の積算日照時間はなんと288.1時間。1.5倍です。


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています 
ポチッとクリックしてもらえると励みになります


ショップホームページへ


秋のトマトは日数をかけて甘くなると認識はしていましたが
こうして実際のデータで計算してみると更に納得ですよね。

ちなみに広島市の今年の梅雨は5/26〜7/8だったのですが
ちょうどこの45日で積算温度が1000℃の達するようになっていました。
その時の積算日照時間は132.5時間。

秋トマトは梅雨トマトの2倍の日照時間を得て収穫に達するんですね。

秋のトマト収穫には夏のトマトサビダニの対策、着果不良の対策など必要ですが、
ぜひ来年は11月トマトを目指してがんばってみてください。

甘くて美味しいトマトをお楽しみいただけますよ。
 8/21の記事「秋トマトを取るための今からの注意点」はこちら
http://q-and-a.gokigen-yasai.com/?eid=71
 

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています 
ポチッとクリックしてもらえると励みになります


ショップホームページへ



当店では子供服や絵本のおふる・使っていない日用品を提供する支援サイトの運営・管理をしています。
被災地外では支援の熱が少し冷めてきているのか提供の件数が減ってきています。
子育て世代でなくても参加可能です。
是非一度サイトにいらしてください。

みなさまのご協力・お参加お待ちしております。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

          

サイト内検索

疑問や質問を検索してみてね
新しいブログへ 記事一覧へ

最新記事

分類カテゴリー

プロフィール

履歴

新しいブログへ

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
トップページへ 商品一覧へ ハイポニカへ 栽培事例へ 緑のカーテン ブログモニターへ 新しいブログへ

recent comment

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
新しいブログへ