比較栽培実験の結果 ビニルハウスの有無のメリットデメリット 

前の2回の記事でビニルハウスのメリット・デメリットを紹介しました。
「ビニルハウスを使うとどれだけ収量UP?」
http://q-and-a.gokigen-yasai.com/?eid=78
「ビニルハウスを使うデメリットを知って効果的に利用しよう」
http://q-and-a.gokigen-yasai.com/?eid=79

今回は実際に比較栽培実験をした結果を時系列で紹介しますね。
11月中旬まではハウスがあることでデメリットが目立ちましたが、
11月下旬からはハウスがあることでのメリットが見られますよ。
 
10/3種まき


10/9定植



10/10の様子


10/17の様子


10/21の様子


10/29の様子

小松菜収穫

収穫後の様子


11/12の様子


ハウス内の水はは葉色も薄くひ弱な感じ。

パクチョイも温度が高すぎたせいかハウス内のものは痩せてNG。
ハウス外の方がしっかり育っています。

11/25の様子

この頃から屋外の野菜は寒さで生育が抑制されています。
ハウス内のレタスなどは伸び伸びと育っています。
収穫物では

チンゲンサイはハウス有りの左は株の太りがイマイチ。
やはり寒い屋外の右の株の方がしっかり育っています。

でにサウーレタスはハウス有りは8枚 屋外は5枚。
寒さで色も違いますね。


コスレタスの収穫も ハウスありは10枚 屋外は8枚です。
収穫後はこんな状態になりました。


その後12日の12/7の様子は 

ハウス内の方が断然生育がよいです。

サニーレタス、ハウス内は大きな葉で5枚収穫ですが 屋外は小さいの2枚

コスレタスも ハウス内は8枚 屋外は4枚

12/28の収穫では

右の屋外は寒さでしぼんでいます。

サニーレタスはハウスありなら大きい葉が5枚 屋外は小さいのが3枚

コスれたすの収穫ですがハウスは柔らかい葉ですが
屋外の(右)は寒さでゴツゴツで少し苦かったです。

その後は2/7の様子ですが

ハウス有りはドンドン育っていますが、屋外は寒さで縮こまって全然です。


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています 
ポチッとクリックしてもらえると励みになります


ショップホームページへ


結果としてはやはり11月中旬まではデメリットが大きいのでハウスは不要。

11月下旬〜3月下旬までの寒い時期はハウスのメリット大!
是非ビニルハウスを利用しましょう。




こちらは1/24〜1/30の激寒期の温度データです。
メリット大ですね。



当店では簡単に折りたためるビニルハウスを取り扱っています。
詳しくはこちらのページで

http://www.gokigen-yasai.com/house.htm

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています 
ポチッとクリックしてもらえると励みになります


ショップホームページへ




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

          

サイト内検索

疑問や質問を検索してみてね
新しいブログへ 記事一覧へ

最新記事

分類カテゴリー

プロフィール

履歴

新しいブログへ

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
トップページへ 商品一覧へ ハイポニカへ 栽培事例へ 緑のカーテン ブログモニターへ 新しいブログへ

recent comment

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
新しいブログへ