太陽光パネルを利用した水耕栽培

太陽光パネルを利用した水耕栽培を当店では毎年実験しています。

太陽光パネルの利用は2種類。
1つは太陽光パネルに
20Wの太陽光発電パネルに12Vの別購入のポンプを直結させて太陽が当たっている時だけポンプが稼働するもの。
太陽光パネル03
125Wの太陽光発電パネルに充放電制御版・インバーター・バッテリーをつけて24時間稼動可能にさせたもの。
太陽光パネル01

少々曇や雨が続いても平気なように△和腓めの太陽光発電パネルを設置しました。
この装置なら1週間程雨や曇でも24時間ポンプが止まることなく稼働しています。

でもとても大きなパネルに制御版やバッテリー、たった6Wのポンプを稼働させるために
あまりにも大きな設備が必要です。

しかし、そもそも植物は太陽が当たっている時に光合成をしたり蒸散をしたり
多くの活動をしています。
ならば,梁斥杆が当たっている時だけポンプが稼働していれば十分ではないか?
それが可能であれば太陽光パネルの利用も簡易で単純な装置で済みます。

そこで,任梁茖渦鷓惑歇存海鮃圓覆辰討澆泙靴拭
6/9太陽光&24時間
↑手前が太陽光が当たっている時だけポンプ稼働のトマト
奥が24時間ポンプ稼働の通常の水耕栽培トマト。
6/9太陽光&24時間
↑24時間稼働(6/9の様子)
葉のボリュームが違うのがわかりますか?

6/30の様子では
6/30太陽光&24時間
↑太陽光照射時のみ稼働(6/30)
6/30太陽光&24時間
↑24時間稼働(6/30)

7/21太陽光&24時間
左 24時間稼働トマト  右 太陽光照射時稼働トマト(7/21の様子)

8/23太陽光&24時間
左 24時間稼働トマト  右 太陽光照射時稼働トマト(8/23)
右が枯れ始めています。トマトサビダニという害虫の被害があっという間に広がりました。
8/26太陽光&24時間
8/26のトマトサビダニの被害が大きくなったときの様子。

8/26太陽光&24時間
一方、24時間稼働のトマトは元気です。
その後以下のように10月まで栽培を続けました。
10/31太陽光&24時間

やはり日が当たっていない時間に液肥の循環が止まることは植物へのダメージは大きいようです。
太陽光照射時稼働のトマトの根はこんなふうになっていて、根がずいぶんいたんでいました。
これがトマトサビダニの害を広げて一度にダメになってしまった要因だと思います。


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています ポチッとクリックしてもらえると励みになります

ショップホームページへ


そこで第2回太陽光パネル栽培実験では太陽光照射時稼働の養液に根が傷みにくいように
微生物の資材を投入しました。
その時の栽培はミニトマトでこんな具合になりました。
6/22太陽光&24時間
左 太陽光照射時稼働ミニトマト(微生物資材入)
右 24時間稼働ミニトマト (6/22の様子)

7/7太陽光&24時間
左 太陽光照射時稼働ミニトマト(微生物資材入)
右 24時間稼働ミニトマト (7/7の様子)

7/17太陽光&24時間
7/17の様子

8/4太陽光&24時間
8/4の様子

このように24時間稼働の水耕栽培ほどの生育ではないにしても、
十分家庭で水耕栽培を楽しむ程度には育ってくれました。
△里茲Δ癖雑で過大な太陽光パネル装置をつくらなくても、
,里茲Δ粉憤廚巴噂磴柄置での太陽光パネルを利用した水耕栽培が
微生物の力を借りることで十分楽しめると判断しています。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています ポチッとクリックしてもらえると励みになります

ショップホームページへ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

          

サイト内検索

疑問や質問を検索してみてね
新しいブログへ 記事一覧へ

最新記事

分類カテゴリー

プロフィール

履歴

新しいブログへ

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
トップページへ 商品一覧へ ハイポニカへ 栽培事例へ 緑のカーテン ブログモニターへ 新しいブログへ

recent comment

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
新しいブログへ