夏にもヒーターを入れたほうがいいか?

 ホームハイポニカ303型にはヒーターがあります。
夏場でもヒーターは入れておいた方がいいか?

できれば入れないほうがいいです。
理由は温度が上がりすぎる危険があるからです。

冬場は液温が下がりすぎるのでヒーターで温めることで
根の温度を上げることができ、生育が止まるのを防ぐことができるのですが、
夏場は上がりやすくなる危険性があります。

もちろんヒーターは設定温度以上では作動しないのですが、
早朝、一番液温が下がる時間帯でも25℃をキープすることになるので、
その後の温度上昇が早くなり、最高温度が高くなりすぎるのです。
ですから、夏場の栽培ではヒーターを初めから入れない。
もしくは5月中旬くらいからは電源を抜いて栽培してください。

液温が上がりすぎると酸素の飽和量が少なくなります。
温度自体が高いのも問題ですが、根にとっての酸素が減ることも生育によくありません。

通常は暑くなる頃までに枝葉が伸びて、装置に直射日光が当たりにくくなります。
それで液温の上昇は防げますが、手を入れてぬるいお風呂のようになる場合は、
銀色の車のシェードなどを利用して装置に遮光してもらうといいです。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています ポチッとクリックしてもらえると励みになります

ショップホームページへ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

          

サイト内検索

疑問や質問を検索してみてね
新しいブログへ 記事一覧へ

最新記事

分類カテゴリー

プロフィール

履歴

新しいブログへ

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
トップページへ 商品一覧へ ハイポニカへ 栽培事例へ 緑のカーテン ブログモニターへ 新しいブログへ

recent comment

  • 水耕と土栽培の比較実験がしたい(小学生からの質問)
    yeezy boost 350
  • 11月トマトが甘くて美味しい訳
    fitflop sale
  • カルシウム欠乏 チップバーン 尻腐れ について
    birkenstock sandals
  • 室内窓辺で葉野菜を栽培したらどうなる?
    ultra boost
  • 葉菜培地の苗をホームハイポニカ601に定植できるか?
    nike air max 90
  • 601型の詳しい構造:内部は見れる?
    birkenstock sandals
  • 根をたくさん伸ばす方法
    fitflop sale
  • 緑のカーテン ミニトマトより大玉トマトの方が日陰が多い
    longchamp bag
  • トマトの斑点細菌病の症状と対策
    kd shoes
  • ミニトマトの葉が黄色になる 何故?
    fitflop sale

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
新しいブログへ