水耕と土栽培の比較実験がしたい(小学生からの質問)

 こんなご質問いただきました。

私は小学校4年生です。
トマトがあまり好きではないので、自分で育てたトマトならば好きになれるかな〜と思って、土に植えるものと、水耕栽培で育ててたものとで、味の違いを観察してみようと思っています。
装置は高くて買ってもらえないので液肥だけ買ってもらって、ペットボトルの要領で水耕栽培に挑戦しようと思っています。
一日中日が当たる場所に、ペットボトルを置いておいても、液肥は腐らないのですか?
液肥が暑くなって、根が腐ったりしないのですか?
それとも室内で栽培したほうがいいですか?
教えてください。

ぜひぜひお金をかけず植物の生育実験、観察をしてください。

ただペットボトルの簡易水耕は根の張るスペースが小さいのでトマトを育てると余り大きくなれません。
できればもっと大きな容器で試してみてください。簡易水耕の注意点
大きな容器になると今度は水はけが悪くなって根腐れの危険があるので
鉢底石を底に入れるといいですよ。

ちなみに我が家でも加工しやすい発泡スチロール(スーパーでタダで手に入れました)で
簡易水耕とホームハイポニカとの比較実験をしています。
結果はまたご報告しますね。

ショップホームページへ


ペットボトルの液肥が腐らないか?
確かに長期にたまったままの状態では液肥は傷んできます。
でもその液肥に直接根が接している訳ではありません。
根腐れを発生するのは根のある場所の水はけが問題になります。
ペットボトルの上部の水はけが良ければ問題ありません。
簡易水耕の注意点

栽培中注意してもらいたいのは下の液肥が上部に届かないようにすること。
上部の空気の層がなくなり根腐れを起こします。
簡易水耕の注意点

下の部分の液肥は暖かくなると傷みやすくなりますが、
暖かいと植物の吸収が旺盛なので傷む前に新しい液肥を入れる
ことになる場合がほとんどです。

液肥が暑くなって根が腐ったりしないですか?

そうですね。
温度自体で根腐れを起こしやすくなる可能性はあります。
周りを発泡スチロールや銀色の反射マットなどで覆ってあげてください。


室内で栽培した方がいいですか?

いえ、ぜひぜひ光のよく当たる場所で栽培してください。
よく窓辺の明るい場所なら暑くならないしいいのでは?と言われますが、
人間の見た目で明るく感じる窓辺の明るさは、
屋外の光と比較すると実際にはとても少ないです。
植物は光を浴びて光合成をして生長します。
とにかく光は多いに越したことはありません。

また夏場は太陽高度が低いので直接葉に光が当たらないことが多いです。
室内と屋外の光
温度が低すぎて枯れてしまうくらいなら屋外より室内がいいですが、
それでも葉に直射日光が当たることが室内栽培の条件です。
室内と屋外の光


ショップホームページへ

ちなみにペットボトル水耕はこんな具合。
ペットボトル
2リットルのペットボトルを二つに切ってフェルトとプチプチ緩衝材を用意。

ペットボトル
このように重ね上部にバーミキュライトを入れる。
詳しくはこちらのページで水耕栽培を手軽に始めるには

3/13小松菜

3/13小松菜

ホームハイポニカで育てた小松菜が右ですのでペットボトル簡易水耕では少し生育が劣ります。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

          

サイト内検索

疑問や質問を検索してみてね
新しいブログへ 記事一覧へ

最新記事

分類カテゴリー

プロフィール

履歴

新しいブログへ

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
トップページへ 商品一覧へ ハイポニカへ 栽培事例へ 緑のカーテン ブログモニターへ 新しいブログへ

recent comment

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
新しいブログへ