水耕栽培は連作障害がない?

 「水耕栽培は連作障害がなくていい」一般に言われてますよね。
そもそも連作障害ってのが何なのか?

連作障害は同じ作物を同じ場所で続けて栽培すると起こる生育障害のことです。
でもその原因はいろいろで代表的なのは以下の3点です。

原因“醂狙分の不足・過剰
肥料の組成がその作物にあっていないと特定の微量要素が不足したり、
逆に土の中に残って過剰な状態になったりして生育障害を起こす。

原因∈から出る分泌物が蓄積
植物は根から水や肥料を吸収するだけでなく、
自ら何らかの分泌物を出したりもします。
それが過剰に蓄積することで生育障害を起こす例があります。

原因I続加遒住み着く
同じ作物を続けて栽培しているとその作物が好きな害虫や病気が住み着き、
虫害や病害が発生しやすくなる。

水耕栽培の多くは1回栽培をすると使っていた液肥を捨てて、
装置を軽く洗浄し、新たな水と肥料で液肥を作成します。
だから
原因,糧醂舛離丱薀鵐垢録靴燭棒阿┐蕕譴襪里婆簑蟆魴茵
原因△諒泌物の蓄積も廃棄して新しくするので問題解決!

あとは原因の病害虫の住み付きです。
害虫に関しては、土中に卵や幼虫が残るものに関しては、
水耕であることで残らないため軽減できます。
でも土以外の周辺にどうしても害虫は住み付きやすくなります。
この点では水耕でも土栽培でも同じように連作障害になります。

そして一番気になるのが根の病気が残るのでは?ということ。
たしかに水で軽く洗浄するくらいでは根の病気は容器に残ります。
農業用のシステムではこれを塩素で消毒したりします。
キッチンハイターのようなものを入れ、装置内を3日間循環させ、
中和剤で消毒液を中和して廃棄し、何度か水洗いをして
新たに栽培用の水と肥料を入れて殺菌します。

そんな面倒なことをしないとダメなの?
いえ、家庭用で栽培を楽しむ程度ならその必要はありません。

農業での栽培は一度栽培を始めると1年程度液肥を変えず、
長期で栽培します。
その場合は少しの根の傷みも大きな減収になりますから大問題。
それを回避するために消毒を行いますが、
家庭菜園で栽培を楽しむ程度なら菌で根が傷んで弱る前に、
寒さなど季節の問題や他の害虫などの問題で作物が弱って
栽培を終えることがほとんどです。

家庭菜園で水耕栽培を楽しむなら消毒などせず水洗いで十分です。

土の栽培でも連作障害を回避する方法はいろいろあります。
土壌消毒とか微生物の利用とか・・・。
水耕だから連作障害が全然ないともいえないですし、
土栽培だから連作障害が必ずあるとも言えませんが、
比較的水耕栽培の方が連作障害を簡単に回避できるとは言えそうです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

          

サイト内検索

疑問や質問を検索してみてね
新しいブログへ 記事一覧へ

最新記事

分類カテゴリー

プロフィール

履歴

新しいブログへ

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
トップページへ 商品一覧へ ハイポニカへ 栽培事例へ 緑のカーテン ブログモニターへ 新しいブログへ

recent comment

  • 水耕と土栽培の比較実験がしたい(小学生からの質問)
    yeezy boost 350
  • 11月トマトが甘くて美味しい訳
    fitflop sale
  • カルシウム欠乏 チップバーン 尻腐れ について
    birkenstock sandals
  • 室内窓辺で葉野菜を栽培したらどうなる?
    ultra boost
  • 葉菜培地の苗をホームハイポニカ601に定植できるか?
    nike air max 90
  • 601型の詳しい構造:内部は見れる?
    birkenstock sandals
  • 根をたくさん伸ばす方法
    fitflop sale
  • 緑のカーテン ミニトマトより大玉トマトの方が日陰が多い
    longchamp bag
  • トマトの斑点細菌病の症状と対策
    kd shoes
  • ミニトマトの葉が黄色になる 何故?
    fitflop sale

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
新しいブログへ