水平に設置 どの程度厳密にする必要がある?

 「装置を水平に設置と書かれているけどどの程度水平にする必要がある?」
「水平にしないと液肥が栽培槽(根の張る槽)に行き渡らない?」
このようなご質問をいただきました。

栽培槽に水をはった時に目で見て傾きがない程度で充分です。

501型、601型では栽培槽の容量が4〜6リットル、
大きな303型でも栽培槽の容量は20リットルです。
それに対して循環ポンプは5〜7リットル/分流れるため、
少々傾いていてもまず全体に液肥は流れる構造になっています。

では何故水平にする必要があるか?
一番の目的は液漏れを防ぐためです。
傾いているとどうしても液肥が漏れやすくなります。
最初は大丈夫でも根がいっぱいに張ると、
更に液漏れの可能性が高くなります。
詳しくはこちらの記事「をご参照ください。
トマトの根 あふれ

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

          

サイト内検索

疑問や質問を検索してみてね
新しいブログへ 記事一覧へ

最新記事

分類カテゴリー

プロフィール

履歴

新しいブログへ

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
トップページへ 商品一覧へ ハイポニカへ 栽培事例へ 緑のカーテン ブログモニターへ 新しいブログへ

recent comment

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
新しいブログへ