601型の詳しい構造:内部は見れる?

ホームハイポニカ601型の内部、根の部分は見られる?

内部や根が見られるような構造かどうかですが、
一部はフタを開けて見ることができるようになっています。

ホームハイポニカ 601型は緑の栽培槽の上に発泡パネルがあり、
その上にトマト型カバーが重なっています。
601組立2
601組立3601組立9
栽培を始めると上の画像の2箇所のフタを開けた部分からしか内部を見ることはできません。

栽培槽の下(液肥槽内)も栽培槽の四角穴(循環ポンプを入れる穴)から
少しは見ることができますが、奥の方までは見ることはできません。

601給液部

「ガラスなどで根の生長が見られるようにしたらどうか?」
そんなご質問もあったので別記事でご説明いたしますね。
以下参照。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

          

サイト内検索

疑問や質問を検索してみてね
新しいブログへ 記事一覧へ

最新記事

分類カテゴリー

プロフィール

履歴

新しいブログへ

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
トップページへ 商品一覧へ ハイポニカへ 栽培事例へ 緑のカーテン ブログモニターへ 新しいブログへ

recent comment

  • カルシウム欠乏 チップバーン 尻腐れ について
    birkenstock sandals
  • 室内窓辺で葉野菜を栽培したらどうなる?
    ultra boost
  • 葉菜培地の苗をホームハイポニカ601に定植できるか?
    nike air max 90
  • 601型の詳しい構造:内部は見れる?
    birkenstock sandals
  • 根をたくさん伸ばす方法
    fitflop sale
  • 緑のカーテン ミニトマトより大玉トマトの方が日陰が多い
    longchamp bag
  • トマトの斑点細菌病の症状と対策
    kd shoes
  • ミニトマトの葉が黄色になる 何故?
    fitflop sale
  • キュウリの窓際栽培 太らなかった実を太らせるようにした工夫
    salomon shoes
  • 苗を定植する方法
    kd shoes

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
新しいブログへ