601型の詳しい構造:空気混入器からの液漏れ

 ホームハイポニカ601型で空気混入器から栽培槽に流れる際に他へ液漏れなどしないのか?
そんなご質問がありました。

構造としては空気混入器の先が発泡パネルの中に入り込んでいるので基本的には
液漏れはありません。
601組立10

ですが、多少は液の飛び散りがあります。
そのため栽培をしているうちにトマト型カバー上に肥料結晶の汚れが出ます。
601給液部よごれ

同様に発泡パネルにも飛び散った液肥で肥料結晶が表面につきます。
601給液部よごれ2

この程度の液漏れがあることはご了承ください。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

          

サイト内検索

疑問や質問を検索してみてね
新しいブログへ 記事一覧へ

最新記事

分類カテゴリー

プロフィール

履歴

新しいブログへ

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
トップページへ 商品一覧へ ハイポニカへ 栽培事例へ 緑のカーテン ブログモニターへ 新しいブログへ

recent comment

  • 水耕と土栽培の比較実験がしたい(小学生からの質問)
    yeezy boost 350
  • 11月トマトが甘くて美味しい訳
    fitflop sale
  • カルシウム欠乏 チップバーン 尻腐れ について
    birkenstock sandals
  • 室内窓辺で葉野菜を栽培したらどうなる?
    ultra boost
  • 葉菜培地の苗をホームハイポニカ601に定植できるか?
    nike air max 90
  • 601型の詳しい構造:内部は見れる?
    birkenstock sandals
  • 根をたくさん伸ばす方法
    fitflop sale
  • 緑のカーテン ミニトマトより大玉トマトの方が日陰が多い
    longchamp bag
  • トマトの斑点細菌病の症状と対策
    kd shoes
  • ミニトマトの葉が黄色になる 何故?
    fitflop sale

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
新しいブログへ