周りを濡らさずに液肥を交換、捨てる方法

ホームハイポニカは基本的に液肥(培養液)を交換する必要はありません。
その詳しい説明は 液肥(培養液)の交換は必要?を読んでください。
今回はそれでも交換の必要があった時や装置を片付ける時にできるだけ
周りを濡らさずに行うのはどうすればいいか?
※全く周りの濡らさない訳ではありませんが、あまり水浸しにしたくない場合にご利用ください。

,泙坤曄璽爛魯ぅ櫂縫の電源を抜いて循環ポンプの動きを止めます。
液肥更新1 

空気混入器を取り外し、お手持ちのホースをつなげてバケツor排水口にホースの反対側を向けます。
液肥更新2

再度循環ポンプの電源を入れれば下の槽(液肥槽)の液肥が排出されます。液肥更新3

303型601型は水位調節管を外し、それぞれの装置を傾けて
上の槽(栽培槽)の液肥を下の槽(液肥槽)に流します。
液肥更新4

ゲ爾料紂扮嬌鄙紂砲留嬌遒排出されれば概ね装置内の液肥を外に出すことができます。
液肥更新5

最後少し残る液肥は全体が軽くなっているはずですので
装置自体を持ち上げて処理してください。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

          

サイト内検索

疑問や質問を検索してみてね
新しいブログへ 記事一覧へ

最新記事

分類カテゴリー

プロフィール

履歴

新しいブログへ

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
トップページへ 商品一覧へ ハイポニカへ 栽培事例へ 緑のカーテン ブログモニターへ 新しいブログへ

recent comment

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
新しいブログへ