秋から始める水耕栽培の楽しみ方!

トマトやミニトマト、キュウリやスイカ、夏野菜を楽しんだ後の
ホームハイポニカ303型601型を秋から楽しむ方法をご紹介します。

葉野菜の中でも株が大きくなるブロッコリー、カリフラワー、白菜、茎ブロッコリーなどがお勧め。
水菜、春菊を摘み取り式で楽しむのもいいですよね。

秋からの栽培はできれば8,9月、遅くても10月から始めましょう。
秋冬に育つと言っても本当の冬の低日照、低温状態ではなかなか生長しません。
8,9,10月のまだ日照も温度も十分なときにどれだけしっかり株が育てるかが鍵!
だから9月末・10月から秋冬野菜を種から育てると
株が大きくならず収穫も小さいものになってしまいます。
ですからこれからの時期は園芸店、ホームセンターなどで
苗を購入して植え替える方が大きく育てることができお薦めです。

種から栽培する時の生長イメージ
 ↓ ↓ ↓

苗から栽培した場合のイメージ
 ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています 
ポチッとクリックしてもらえると励みになります


303型でブロッコリー カリフラワーなどを何株育てられるか?
そんな実験をしてみました。

結果はこちらのページで紹介しています。
http://www.gokigen-yasai.com/jirei303yousai.htm


303型で小松菜やチンゲンサイなど比較的小さめの葉野菜を沢山植えた栽培事例。

詳しい栽培経過はこちらのページで紹介しています。
http://www.gokigen-yasai.com/jirei303yousai.htm#komatuna


ショップホームページへ


ホームハイポニカ601型で苗からブロッコリーやカリフラワーを栽培した事例。

詳しい栽培経過はこちらのページで紹介しています
http://www.gokigen-yasai.com/jirei601yousai.htm#nae


ホームハイポニカ601型で種から春菊を摘み取りで栽培してみました。

詳しい栽培経過はこちらのページで紹介しています。
http://www.gokigen-yasai.com/jirei601yousai.htm#syungiku

ホームハイポニカ601型で種から芽キャベツを栽培した事例です。

詳しい栽培経過はこちらのページで紹介しています。
http://www.gokigen-yasai.com/jirei601yousai.htm#mekyabetu


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています 
ポチッとクリックしてもらえると励みになります


ホームハイポニカ601型で種から白菜を栽培した事例。

詳しい栽培経過はこちらで紹介しています。
http://www.gokigen-yasai.com/jirei601yousai.htm#hakusai

ホームハイポニカ601型で種から茎ブロッコリーを栽培した事例です。

詳しい栽培経過はこちらで紹介しています。
http://www.gokigen-yasai.com/jirei601yousai.htm#kukiburo

ショップホームページへ


ホームハイポニカ601型にはオプションで専用の葉菜パネルセットがあります。
別売り 4200円(税込・送料別)
601葉菜パネル02

これを使うと小松菜やチンゲンサイ、水菜など沢山の野菜を同時に何株も栽培することができます。

詳しい栽培経過の紹介はこちらで
http://www.gokigen-yasai.com/hhp601ha.htm


当店では子供服や絵本のおふる・使っていない日用品を提供する支援サイトの運営・管理をしています。
被災地外では支援の熱が少し冷めてきているのか提供の件数が減ってきています。
子育て世代でなくても参加可能です。
是非一度サイトにいらしてください。

みなさまのご協力・お参加お待ちしております。


室内窓辺で葉野菜を栽培したらどうなる?

葉野菜の窓辺栽培についてご質問がありました。

小松菜やサニーレタスなどの葉野菜は
ミニトマトのような実をつける野菜に比べて光を沢山必要としないので、
光がサンサンとよく入る窓辺であれば栽培ができます。
※ミニトマトの室内栽培事例はこちらから。
http://www.gokigen-yasai.com/jireimini.htm#C

また真冬の場合は激寒の屋外に比べ室内の方が温度が高い分よく育つ傾向にあります。

12月17日に室内の窓辺で種まきをしました。




1月6日の様子
 ↓ ↓ ↓


1月20日の様子
 ↓ ↓ ↓


1月28日の様子
 ↓ ↓ ↓


2月4日の様子
 ↓ ↓ ↓


同じように播種した屋外栽培のものはこんなくらいにしか生長していません。
2月4日 屋外栽培
 ↓ ↓ ↓


光は窓辺より多いけれど寒さが強く影響して育たないんです。

そして2月17日にはこんなに生長しています。
 ↓ ↓ ↓


窓辺で育てると植物が窓辺に向かって伸びてるでしょう?
光は十分ではないんですね。
光を求めて窓辺に向かって伸びています。
植物ってすごいですね。

こんな光の少ない室内栽培では光合成をする葉緑素の素になるアミノ酸が
入っているペンタガーデンの併用がお薦め。
詳しくはこちら。
http://www.gokigen-yasai.com/pentagarden.htm


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています 
ポチッとクリックしてもらえると励みになります


ショップホームページへ



当店では子供服や絵本のおふる・使っていない日用品を提供する支援サイトの運営・管理をしています。
被災地外では支援の熱が少し冷めてきているのか提供の件数が減ってきています。
子育て世代でなくても参加可能です。
是非一度サイトにいらしてください。

みなさまのご協力・お参加お待ちしております。


水耕トマトの生長過多・樹が暴れる・樹ボケ・樹勢が強すぎるについて ハイポニカの考え方

んなご質問をいただきました。

 

土で栽培しているトマトは、肥料をあげすぎると茎が太くなって実があまりつかない・・・とおじいちゃんが言っていました。水耕栽培では、ずっと肥料が溶けているような液に浸かっていても、肥料をあげすぎのような状態にならないのはどうしてですか?

 

トマトは肥料が多いと

「生長過多(せいちょうかた)」

「樹が暴れる」

「樹勢が強すぎる」

「樹ボケ(きぼけ)」

という症状になり実がつかなくなると言われています。

 

これっていけないことなのでしょうか?

 

ハイポニカでは植物の立場になって考えてみました。

 

まずは土と水耕栽培はどう違うのか?

土のトマト君は水や肥料をもらえたり、欠乏したり、またもらえたりの状態を繰り返しています。

 土耕の根の様子

土の根の表面で何が起こっているか?
〆の表面に密着している水、栄養分は根から吸収することができます。
△靴し、根から数ミリでも離れたところにある水や栄養分はたとえ土の中にあったとしても根から吸収することができません。
そこで上から水を与えます。そうすると土の中にある水や栄養分が根の表面に移動し、
さ杣することができる状態になるのです。
根の表面ではこの様な欠乏状態と供給状態を繰り返しています。
土の栽培でこまめな散水が良いとされているのはこれが理由なのです。
これは、土栽培に限らず養液土耕、固形培地栽培、非流動型の水耕栽培においても同じ現象が起こっています。

水耕栽培、特にハイポニカのような循環型の水耕栽培は常に水と肥料が根の表面を循環していて、

植物が水や肥料を吸っても吸っても次々水や肥料がもらえる仕組みになっています。

ホームハイポニカの液肥の流れ 



このようの環境の違いでトマト君はどう思ってるでしょう?


土トマト君の気持ち
土のトマト君
「次にいつ水がもらえるんだろう?」

「肥料も次はいつもらえるんだろう?」

「次にいつもらえるのか確証がないから、

あまり体を大きくし過ぎると水や肥料がもらえなかった時に困るから、

ほどほどの生長にしておこう。」

「それと僕がいつ枯れてもトマトがなくならないように、

種を作って次の世代に託す準備をしておこう!」


だから花を咲かせ、実を付けようとします。

 

では水や肥料がたっぷりもらえる水耕栽培のトマト君はどう思ってるでしょうか?

水耕トマト君の気持ち 

「水も肥料もいくら吸っても次々もらえるよ!」

「これなら安心して大きくなっても大丈夫だな。」

「どんどん枝葉を伸ばして大きくなろう!」

 

では大きくなろうと決めた水耕栽培のトマト君は実を付けないでしょうか?

いいえ、枝葉を大きくしながら実もつけます。

ただ次の世代を残すことに切羽詰った土栽培のトマト君に比べると

実をつけることには必死ではありません。

だから花が咲いても実がつきにくかったりします。

※同じ苗を土に植えたのと、水耕栽培に植えたのでは土の方が実の付きがよかったという事例はあります。その場合ホルモン剤(トマトトーン)を利用して着果させましょう。

 

ここで注意してほしいことがあります。

元気あふれる水耕トマト君
水耕栽培のトマト君は元気モリモリ!

いっぱい枝葉を伸ばそうとしています。

なのに通常の栽培方法同様脇芽を取ってしまうとその元気のやり場がなくバランスを崩してしまいます。

そういった状態の時に異常主茎(いじょうしゅけい)とか鬼花(おにばな)といった状態になります。

異常主茎は茎が下の画像のように茎の間に穴が空いたような状態になったり、

生長点が花芽になってしまったり、症状はいろいろあります。


茎の真ん中が少し空いているでしょう?分かるかな?

こうなった場合は生長の勢いが強い状態なので、脇芽をかくのをやめて、

トマトが伸びたいように多くの芽を伸ばしてやると樹の生長の勢いが分散されて大人しくなってきます。

 
そして鬼花はこれ。

ひまわりみたいに花弁が多い花でしょう?
下記が普通のトマトの花。違い分かるかな?


鬼花も生長の勢いが強い時に花が乱れる状態で、この花で実ったトマトは丸いトマトではなく、大きくて楕円形でごつごつした実になります。
こんな実。

鬼花トマト

この花や実も脇芽を伸ばしてそこに咲く花の実を結実させていけば生長の勢いが次第に落ち着き、
普通の花や実の形になっていきます。

 

ですが出荷する農家さんにとってはこのような実は大きすぎるし形が悪いため売り物になりません。

だから最初に着く実から鬼花が咲いたりしてほしくないんです。

農家さんにとっては収入に影響することです。

トマト君にはスッと大人しくスリムに育ってもらえた方が手入れがしやすいんです。

とても大切なことです。

 

だから農家さんは1本の樹に栄養を与えすぎるのではなく、ほどほどのバランスを保って、

トマトの生長を上手に管理して同じような大きさで形のいいトマトを収穫する方法をとっています。
土トマト君の収穫

 

水耕栽培ハイポニカで育てたトマト君はどうか?

最初は勢いが強すぎます。鬼花も実をつけますが、枝葉をどんどん伸びたいように伸ばして、その勢いを沢山実にします。

最終的には1本のトマトからたくさんの実を収穫するようになります。
水耕トマトの収穫

 

家庭でトマト栽培を楽しむのであれば、このトマト君の生長の勢いをそのままに楽しんでもらいたいです。

無理に人間が制御する必要はないと思うのです。

また、この鬼花でできた乱形果のトマト、家庭でトマト栽培を楽しむにあたっては何が悪いんでしょう?

じつはこの鬼花からできた大きくて楕円形でごつごつのトマト、とってもおいしいんです。

甘いとかそいう基準ではなく、何て言ったらいいでしょうね、元気いっぱいなおいしさ。

私はこの鬼花のトマトが大好きです。

 

水耕栽培であれば是非トマト君の生長の勢いとその元気なトマトの味を楽しんでいただきたいと思います。


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています ポチッとクリックしてもらえると励みになります

ショップホームページへ



ごきげん野菜では子供服や絵本のおふる、使っていない日用品を被災地に送る支援活動のサイト管理をしています。

被災地外では少し支援の熱が冷めてきているのか提供件数が減ってきています。
皆さまのご参加お待ちしてリます


お家でトマトの巨木に挑戦 石川県Nさんの栽培を紹介

熱心なホームハイポニカユーザー、石川県のNさんの栽培をご紹介します。 

ホームハイポニカ303型を使って水平放任栽培に挑戦しています。
2009年はメロンとトマトを栽培、
2010年はトマトを370個収穫!
そして今年2011年は目標600個だそうです。

2009年の栽培の様子
7月1日
Nさん2009年
8月8日
Nさん2009年
メロンとれたよ
Nさんメロン

昨年2010年の様子
石川県Nさんの水平栽培
息子さんが水の補給係でがんばってらっしゃいます
石川県Nさんの水平栽培8月
2010トマト


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています ポチッとクリックしてもらえると励みになります

ショップホームページへ


そして今年は!
以下Nさんからのメールです

水耕栽培3シーズン目、今年はさらにバージョンアップしています。
 
○簡易ビニールハウスで2月から栽培開始。
○定植穴は2箇所使用。
○水平棚は4m×3mに拡大。棚の上部に体を出せる箇所をつくる。
○トマトトーンに食紅に入れて2度がけを防止する。
○雨よけは塩ビの波板を使用。ハイポニカ上部のみで最低限の大きさにする。
○雨ざらしとなるため裂果や病気は覚悟する。今年は緑のカーテンとしての機能を優先する。
○真夏の高温対策として保水タンクの遮光と、可能な限りハイポニカの遮光をする。給水はタンク一杯にしないでこまめにする。
 
ぼちぼち収穫が始まりそうです。
昨年実績370個に対して今年の目標600個。
今年は何かと忙しくてほぼ放任栽培なのですが、真夏の管理をしっかりして10月、11月の大量収穫を狙います。

太陽光パネルを利用した水耕栽培

太陽光パネルを利用した水耕栽培を当店では毎年実験しています。

太陽光パネルの利用は2種類。
1つは太陽光パネルに
20Wの太陽光発電パネルに12Vの別購入のポンプを直結させて太陽が当たっている時だけポンプが稼働するもの。
太陽光パネル03
125Wの太陽光発電パネルに充放電制御版・インバーター・バッテリーをつけて24時間稼動可能にさせたもの。
太陽光パネル01

少々曇や雨が続いても平気なように△和腓めの太陽光発電パネルを設置しました。
この装置なら1週間程雨や曇でも24時間ポンプが止まることなく稼働しています。

でもとても大きなパネルに制御版やバッテリー、たった6Wのポンプを稼働させるために
あまりにも大きな設備が必要です。

しかし、そもそも植物は太陽が当たっている時に光合成をしたり蒸散をしたり
多くの活動をしています。
ならば,梁斥杆が当たっている時だけポンプが稼働していれば十分ではないか?
それが可能であれば太陽光パネルの利用も簡易で単純な装置で済みます。

そこで,任梁茖渦鷓惑歇存海鮃圓覆辰討澆泙靴拭
6/9太陽光&24時間
↑手前が太陽光が当たっている時だけポンプ稼働のトマト
奥が24時間ポンプ稼働の通常の水耕栽培トマト。
6/9太陽光&24時間
↑24時間稼働(6/9の様子)
葉のボリュームが違うのがわかりますか?

6/30の様子では
6/30太陽光&24時間
↑太陽光照射時のみ稼働(6/30)
6/30太陽光&24時間
↑24時間稼働(6/30)

7/21太陽光&24時間
左 24時間稼働トマト  右 太陽光照射時稼働トマト(7/21の様子)

8/23太陽光&24時間
左 24時間稼働トマト  右 太陽光照射時稼働トマト(8/23)
右が枯れ始めています。トマトサビダニという害虫の被害があっという間に広がりました。
8/26太陽光&24時間
8/26のトマトサビダニの被害が大きくなったときの様子。

8/26太陽光&24時間
一方、24時間稼働のトマトは元気です。
その後以下のように10月まで栽培を続けました。
10/31太陽光&24時間

やはり日が当たっていない時間に液肥の循環が止まることは植物へのダメージは大きいようです。
太陽光照射時稼働のトマトの根はこんなふうになっていて、根がずいぶんいたんでいました。
これがトマトサビダニの害を広げて一度にダメになってしまった要因だと思います。


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています ポチッとクリックしてもらえると励みになります

ショップホームページへ


そこで第2回太陽光パネル栽培実験では太陽光照射時稼働の養液に根が傷みにくいように
微生物の資材を投入しました。
その時の栽培はミニトマトでこんな具合になりました。
6/22太陽光&24時間
左 太陽光照射時稼働ミニトマト(微生物資材入)
右 24時間稼働ミニトマト (6/22の様子)

7/7太陽光&24時間
左 太陽光照射時稼働ミニトマト(微生物資材入)
右 24時間稼働ミニトマト (7/7の様子)

7/17太陽光&24時間
7/17の様子

8/4太陽光&24時間
8/4の様子

このように24時間稼働の水耕栽培ほどの生育ではないにしても、
十分家庭で水耕栽培を楽しむ程度には育ってくれました。
△里茲Δ癖雑で過大な太陽光パネル装置をつくらなくても、
,里茲Δ粉憤廚巴噂磴柄置での太陽光パネルを利用した水耕栽培が
微生物の力を借りることで十分楽しめると判断しています。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています ポチッとクリックしてもらえると励みになります

ショップホームページへ


有機肥料で水耕栽培はできる?

 有機肥料で水耕栽培はできる?
はい。できると言えばできます。
ただ水耕栽培、特にハイポニカの特徴である伸び伸び元気に育っていくようには
育ってくれません。

でもどうしても家庭ゴミから水耕栽培をしたくて自宅のベランダで何年も実験栽培を繰り返しています。
その一部を紹介しますね。

まずミミズ君の力を借りて家庭ゴミをミミズの糞に変えます。
ミミズ肥料

ミミズ堆肥の作り方はこちらのミミズ大先生のページをご参照ください。
広島ミミズの会
私も大変お世話になっています。
うちのミミズくんはミミズ大先生から譲り受けたシマミミズ君です。
実験に資料しているミミズ糞の多くもミミズ大先生に頂きました。

ハイポニカ肥料とミミズ肥料
小松菜栽培試験です。
左:ハイポニカ肥料
中:ミミズ肥料+尿素
右:ミミズ肥料+鶏糞
このように小松菜程度なら十分栽培できます。

ただ、トマトやキュウリのような樹を育てて実をつける野菜は
どうも途中から生育が悪くなってうまくできていません。
他のサイトで有機水耕栽培に成功した話は聞いたことがありますが、
私の実験上ではうまくいっていないので
今の段階ではまだ詳細をご紹介できる程の状態ではありません。

引き続き栽培が確立するよう実験を繰り返していきますので、
良い結果が出ればまたこのサイトで紹介させていただきます。


初めての水耕栽培 水耕栽培を手軽に始めるには

 初めての方で手軽に水耕栽培を始めたいというご質問がありました。

まず結論から。
「とにかくお金をかけず水耕栽培を試したい」  → ペットボトルの簡易水耕栽培
「実がなる野菜を楽しみたい」 → ホームハイポニカ601型でミニトマト栽培

では詳しくご説明しますね。

初めての方でもホームハイポニカは楽しんでいただけます。
その分かりやすい事例として以下のブログをご参照ください。
※昨年水耕栽培初心者でブログモニターさんをされた「まよぱぱ」さんのブログはこちら
http://tomato637.blog.so-net.ne.jp/2010-08-29-2


ショップホームページへ


ただ装置にはお金が必要・・・。
まず試しに水耕栽培をしてみたい方にはペットボトル水耕をお勧めします。

【必要なもの】
ハイポニカ肥料
バーミキュライト
2リットルのペットボトル
ビニール緩衝材(プチプチ)
フェルト布
ペットボトル
2リットルのペットボトルを真ん中で二つに切り分け、
切り口で怪我をしないようにビニールテープで巻きます。

ペットボトル
⊂綉のようにペットボトルを重ねて
フェルト布を下の容器の底に着くようペットボトルの口に通し、
緩衝材でペットボトルの口の部分で固定します。


上の容器にバーミキュライトを入れ、
500倍に薄めたハイポニカ肥料をバーミキュライトの上から流し入れ、
下の容器に5cmほどたまる程度に入れます。
※下の容器の液肥がペットボトルの口より下にあるようにしてください。
ペットボトルの口より上に液肥がたまると根腐れを起こす可能性があります。

1/6小松菜種まき
ね婪敘歟呂離好櫂鵐犬砲靴辰り水を含めタッパーに入れます。
上から種をまき、ふたをして暖かい室内においておきます。
(バーミキュライトに直で播いてもOKです)。

1/10小松菜
2,3日後発芽したら光を当てる目的でふたを取り外します。

1/17小松菜
Δ海里らいに芽が生長したらペットボトルで作った簡易水耕装置に定植します。

О焚爾魯曄璽爛魯ぅ櫂縫とペットボトル簡易水耕の小松菜の生育比較です。
どちらも液肥が不足したら継ぎ足しをします。
※ペットボトルは下の容器に常に液肥があるように上から注ぎ入れて下さい。
小松菜1/17
小松菜2/4
小松菜2/17

3/13収穫の日のホームハイポニカの小松菜
3/13小松菜
3/13集荷の日のペットボトルの小松菜
3/13小松菜

3/13小松菜
左が簡易ペットボトル水耕の小松菜
右がホームハイポニカ501型の小松菜です。

このようにペットボトルでも充分水耕栽培は楽しめます。


ショップホームページへ



ただハイポニカの良さは水の流れがあること。
ホームハイポニカの液肥の流れ
この流れがあることで二次曲線のような生長をします。
どういうことかというと、最初は大して違いが分かりません。
でも徐々に生長の違いが大きくなるのです。
上記の小松菜栽培も栽培途中はペットボトルでもハイポニカでも
同じような生長に見えるでしょう?
でも最後収穫の時にはドン!と生長して違いが出るのです。

小松菜などの葉野菜はこのように小さな違いですが、
枝葉を育ててて実をつけて楽しむような野菜はその違いが大きくなります。
トマトやキュウリ、メロンやスイカのような実を取る野菜を楽しむなら断然ハイポニカです。
水耕栽培と土の生育

ハイポニカのように上下の槽に分けてポンプで流さなくても
金魚のブクブクで酸素を与えれば同じじゃない?と言う方。
そう思う方が多いのですが、ブクブクだけでは流れがありません。
ホームハイポニカの流れ
これも同様にハイポニカとの生育の差が徐々に大きくなります。
ハイポニカと自作の違い
詳しくは「ハイポニカと自作水耕の違い」をご参照ください。

ハイポニカとブクブク栽培の比較をしたブログモニターさんのページはこちら。
http://kenkou831.blog29.fc2.com/blog-entry-233.html

とにかく簡単に安く水耕栽培を試したい方はペットボトルの簡易水耕を。
やはり「実のなる野菜がしてみたい」と言う方はホームハイポニカ601型でミニトマト栽培をお勧めします。

ショップホームページへ


水耕栽培で豆類は栽培できるの?

 「水耕栽培で豆類は栽培できるの?」そんなご質問をいただきました。

店長も何度か栽培してみたことがあります。
種(豆)が大きいためにうまく発芽できず種(豆)からの栽培実績はありません。
これからまた挑戦してレポートしますね。

今回は苗から栽培した事例を紹介します。
まずはさやいんげん。
4月22日に苗の土を落として定植しました。水耕栽培さやえんどう4/21
水耕栽培さやえんどう4/21

5月4日(定植後13日)
水耕栽培さやえんどう5/4

5月22日(定植後約1ヶ月)
水耕栽培さやえんどう5/22

6月6日(定植後1ヶ月半)
いっぱいさやえんどうが取れ始めました。
水耕栽培さやえんどう6/6水耕栽培さやえんどう6/6

続いてそら豆
これは苗を2月くらいに定植していました。
4月21日の様子
水耕栽培そら豆4/12

5月4日の様子
水耕栽培そら豆5/4
下の方にさやが見え始めました。
そら豆さん、空に向かって生えてますね。
水耕栽培そら豆5/4
上の方では花も咲いています。
水耕栽培そら豆5/4

5月22日の様子
水耕栽培そら豆5/22
水耕栽培そら豆5/22

収穫してみたよ。
水耕栽培そら豆5/22

ちゃんと大きなそら豆くんが入っていました!
水耕栽培そら豆5/22

水耕栽培でもちゃんと豆類の栽培を楽しむことができますよ。

水耕栽培でクリスマスを楽しもう

 水耕栽培、ホームハイポニカを使ったクリスマスの楽しみ方です。
もちろん植物を育てる水耕栽培ですからクリスマス当日にできることではありませんが・・・。
事前に準備して育てることも楽しんでクリスマスを楽しむことができますよ。

まずミニトマトのクリスマスツリー!
601クリスマスツリー303クリスマスツリー
8月前半に種まきをすれば少し赤くなった状態で楽しめます。
7月後半ならたくさん赤い実をつけるかな?
どれだけ赤くなるかは育てる環境の温度次第。

ミニトマトのクリスマスツリーの育て方は以下のページで詳しく説明しています。
http://www.gokigen-yasai.com/jireixmas.htm
方法としては2つあります。
仝のよく射しこむ大きな窓辺で室内で育てる方法
枯れる直前まで屋外の光のよく当たる場所で育てて、
クリスマス直前に部屋の中に入れて実を赤くする方法

,諒法で今年育てたクリスマスツリーです。

動画で様子が分かるよ。こちらからhttp://twitvideo.jp/04GjT
8月26日種まきで初めての花は10月18日に開花。
11月25日に1つめの実が赤くなりました。
そして12月24日現在こんな感じです。
クリスマスツリー仕立てに誘引していませんが、
緑の葉に赤いミニトマト、クリスマスの飾りをするだけでも
一味違ったクリスマスツリーとして楽しめます。

△諒法でできるだけ屋外で育てていただいた
ブロガーの辰人さんのミニトマトクリスマスツリーです。
辰人さんのブログで育て始めから詳しくレポートしてくださっています。
http://kenkou831.blog29.fc2.com/blog-category-9.html
辰人さんは8月21日種まきで初めて花が咲いたのは10月5日。
12月22日の時点でこれだけのミニトマトが赤くなっています。
http://kenkou831.blog29.fc2.com/blog-entry-281.html

次にミニトマトと冬野菜ブロッコリーor春菊orサニーレタスで楽しむ方法
ブロッコリークリスマスツリー春菊クリスマスツリー
ミニトマトは春から夏に育て始めたものもがんばって残しておくと
12月の寒空でもなんとか赤い実を残すことができます(地域によります)。
12月24日(広島県)のミニトマトの様子

動画で様子も分かります。
http://twitvideo.jp/04GjJ
その赤いミニトマトをまずは収穫(なければ市販のミニトマトを購入してね)。
あとは冬野菜。
ブロッコリーの育て方はこちら。
http://www.gokigen-yasai.com/jirei601yousai.htm#nae
春菊の育て方はこちら。
http://www.gokigen-yasai.com/jirei601yousai.htm#syungiku
サニーレタスの育て方はこちら。

それぞれにこんな風に盛り付ければミニトマトと冬野菜のクリスマスツリーサラダのできあがり。
かわいいでしょ?
お子さんと盛り付けるととっても楽しいクリスマスになります。


1

          

サイト内検索

疑問や質問を検索してみてね
新しいブログへ 記事一覧へ

最新記事

分類カテゴリー

プロフィール

履歴

新しいブログへ

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
トップページへ 商品一覧へ ハイポニカへ 栽培事例へ 緑のカーテン ブログモニターへ 新しいブログへ

recent comment

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
新しいブログへ