11月トマトが甘くて美味しい訳

店長宅では9月の台風被害から復帰して開花した花の実がただ今収穫の盛りになっています。




11月のトマト?
どうせ美味しくないんでしょ?
そう思う方が多いと思いますが逆にすごく甘くて美味しいんです。

見てくださいこのトマト。
この緑の筋、いやぁじっくり太陽の恵みを蓄えて本当に美味しそうです。


なぜ立冬も過ぎたこの時期の11月トマトが美味しいのか?
以前も紹介しましたがトマトやミニトマトが何日で赤くなるかは積算温度で決まります。

積算温度について詳しくはこちら 
http://q-and-a.gokigen-yasai.com/?eid=18
http://q-and-a.gokigen-yasai.com/?eid=19

花が咲いて受粉した日から毎日の平均気温を足していきます。
それが800〜1000℃(ミニトマトなら750〜850℃)に達した頃に
実が赤くなり収穫できると言われています。
※トマトの品種によっても違いますのでこの積算温度は目安です。
 

今年の広島市の平均温度と日照時間のデータで調べてみました。


おいしくなると思える真夏の時期、
例えば7/30〜9/3の36日間で積算温度が1000℃に達します。
その積算日照時間は189.5時間。

一方昨日収穫したトマトは計算上9/22〜11/13の53日間で積算温度が1000℃に達しています。
この間の積算日照時間はなんと288.1時間。1.5倍です。


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています 
ポチッとクリックしてもらえると励みになります


ショップホームページへ


秋のトマトは日数をかけて甘くなると認識はしていましたが
こうして実際のデータで計算してみると更に納得ですよね。

ちなみに広島市の今年の梅雨は5/26〜7/8だったのですが
ちょうどこの45日で積算温度が1000℃の達するようになっていました。
その時の積算日照時間は132.5時間。

秋トマトは梅雨トマトの2倍の日照時間を得て収穫に達するんですね。

秋のトマト収穫には夏のトマトサビダニの対策、着果不良の対策など必要ですが、
ぜひ来年は11月トマトを目指してがんばってみてください。

甘くて美味しいトマトをお楽しみいただけますよ。
 8/21の記事「秋トマトを取るための今からの注意点」はこちら
http://q-and-a.gokigen-yasai.com/?eid=71
 

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています 
ポチッとクリックしてもらえると励みになります


ショップホームページへ



当店では子供服や絵本のおふる・使っていない日用品を提供する支援サイトの運営・管理をしています。
被災地外では支援の熱が少し冷めてきているのか提供の件数が減ってきています。
子育て世代でなくても参加可能です。
是非一度サイトにいらしてください。

みなさまのご協力・お参加お待ちしております。


キュウリの実がつかない 整枝について

きゅうりの実が大きくならず落ちてしまうのはなぜか?
受粉など結果処理をしないとダメですか?
整枝の仕方が悪いのでしょうか?
こんなご質問がよくあります。

まずきゅうりは受粉をしなくても実が太る「単偽結果」です。
ですから通常雌花が咲けば何もしなくても実が太るので受粉などの作業は必要ありません。
逆に受粉をすると小さい種ができて食べる時に少しはざわりが悪いので受粉はしない方がいいです。
 ※受粉しても十分食べることはできますよ。
 
あときゅうりの整枝方法ですが、光の当たるスペースが十分あるなら
根が元気なハイポニカ栽培では整枝の必要はありません。
昨年同じ条件で整枝した場合と整枝しない場合と栽培比較をしてみましたが、
整枝た方20本、整枝しない方36本と整枝しない方がたくさん収穫することができました。
キュウリの生長に任せて伸びたいだけ伸ばしてあげてください。
 
さて問題のキュウリの実が落ちてしまう原因ですが、
ヽ瑤まだ充実していない
 雨や曇天続きで日照不足
8が当たっていない
ずみすぎて光が当たっていない
このあたりがよくある要因です。

通常はこんな雌花が咲いて実が徐々に太ります。
 ↓ ↓ ↓


条件が悪いとこんな感じになって実が落ちてしまいます。


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています 
ポチッとクリックしてもらえると励みになります


ショップホームページへ


ヽ瑤まだ充実していない
きゅうりの株がしっかり育っていない時期には雌花が咲いても実が太らないことはよくあります。
この場合はしばらくして株が充実すればきちんと着果しますのでしばらく様子をみていてください。

でもいつまで経っても実が落ちてしまう場合、考えられる原因は日照不足です。
 雨や曇天続きで日照不足
雨や曇天続きだとどうしても落果しやすくなります。
お天気が回復するのを待ってください。

8が当たっていない
お天気がいいのに落果する場合は葉にしっかり太陽光があたっているか確認してみてください。
太陽高度は季節によって変わります。
マンションなどひさしが大きいベランダでは夏場は葉に光が当たらなくなることが多くあります。
初夏はまだ太陽高度が低いので当たっていても、夏至に近づくにつれて葉に光が当たらなくなります。
太陽高度が低い初夏
 ↓ ↓ ↓


夏至が近づき太陽高度が上がると
 ↓ ↓ ↓


できるだけ外側で栽培すると光が届きやすいです。


対策としては光が十分当たる場所につるを誘引してあげてください。

ずみすぎて光が当たっていない
また、枝葉が混みすぎることも日照不足の要因になります。
混みすぎないように枝葉は広げてあげましょう。


スペースに限界があるなら、余分な枝葉は摘み取りましょう。
キュウリは通常土での栽培で子づるの雌花の先2枚の葉を残してその先を摘み取ります。
これが結構わかりにくい。
上記に記載したとおり根の元気な水耕栽培で光の当たるスペースが十分あれば
面倒な整枝はしなくてもいいのですが、
水耕栽培でも限られたスペースで光があたりにくい場合は
雌花の先2枚の葉を残して摘心をしましょう。

日の当たる場所に限界があるならやはり効率よく葉に光を当てるべきです。
少し手間ですが、子づるの摘心をしましょう。



光が当たるか当たらないかは植物にとって大きなことです。
肥料がどうこうよりもまずは太陽の光です。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています 
ポチッとクリックしてもらえると励みになります


ショップホームページへ



当店では子供服や絵本のおふる・使っていない日用品を提供する支援サイトの運営・管理をしています。
被災地外では支援の熱が少し冷めてきているのか提供の件数が減ってきています。
子育て世代でなくても参加可能です。
是非一度サイトにいらしてください。

みなさまのご協力・お参加お待ちしております。


ナスの実がつかないのは何故?

 こんなご質問が来ました。

 ホームハイポニカ303型で京なす・トマトの2種類を栽培しています。
京なすが葉っぱは大きく育ち、花が咲きましたが実がなる前に、すべての花が落ちてしまいます。
トマトとなすの相性が悪いのでしょうか?





トマトはナス科ですからけっして相性は悪くありません。
ただトマトもナスも受粉することで着果します。
何もしなくても風や虫が飛んできて自然に着果することもありますが、雨など天気が悪かったりすることで着果が悪くなることもあります。

また、前回トマトの樹勢の部分でお話したように水耕栽培のトマトやナスは樹勢が強い(元気)なために着果しにくいといった事例もあります。
樹勢については以下の記事を参考にしてくださいね。
http://q-and-a.gokigen-yasai.com/?eid=58

ではどうしたらいいのか?
 
まず咲いた花を手で振動させて受粉させるのが一番簡単な方法。
チョンチョンと指で弾いてください。

確実な方法としてはホームセンターや園芸店で販売しているトマトトーンでホルモン処理をする方法。
トマトトーンは濃縮タイプを薄めて使うタイプと希釈されていてそのまま使えるタイプとあります。
パッケージもいろいろですがまずどこの園芸コーナーにも置いてあるので探してみてください。
トマトトーン
これは一例です。いろんなのがあるよ。

あとは受粉、ホルモン処理のタイミング。
花の状態がいい時に処理した方が確実に着果します。
天気のいい朝方、気温が上がる前がいいです。
暑くなると同じように処理をしても着果が悪くなってきます。

またトマトトーンは霧吹きで吹きかけるのですが毒ではありませんが植物ホルモンです。
花に噴霧することでそのホルモンの作用で着果しますが、葉や生長点に多くかかるとホルモン害で葉や生長点がチリチリになったりします。
もちろん少しかかるくらいは問題ありませんが、花にちょっとかける程度にして、他に多くかからないように注意してください。



にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています 情報はお役にたったでしょうか?
ポチッとクリックしてもらえると励みになります



ショップホームページへ



当店では子供服や絵本のおふる・使っていない日用品を提供する支援サイトの運営・管理をしています。
被災地外では支援の熱が少し冷めてきているのか提供の件数が減ってきています。
子育て世代でなくても参加可能です。
是非一度サイトにいらしてください。

みなさまのご協力・お参加お待ちしております。


メロン・スイカ・かぼちゃなどの誘引

 メロンの誘引方法にご質問がきました。
横方向ばかりに伸びているのですがどうしたらいいでしょうか?

メロンに限らずスイカやかぼちゃ、トマトだって上に伸びるのではなく、
横に這って伸びる性質があります。

本来横に這って伸びる植物はそのまま横に這わせる方がよく日が当たり、
生育も実の味もよくなります。
ですからもし陽がよく当たり横に伸ばす場所が十分にあるのであれば
ぜひ横にどんどん這わせてもらって構いません。
メロンの誘引

ただ、実がどこにあるのか分かりにくくなったり、
葉の下で腐ってたってこともあるのでその点ご注意ください。
収穫の作業や、病気や害虫が出た場合の葉の除去や薬の散布など
作業性が悪くなるという欠点があります。

その欠点を解消したのが水平栽培です。
水平に作った棚の上を這わせることで、
陽がよくあたり、作業性も悪くないようにすることができます。

メロン水平栽培

トマトの水平栽培は石川県Nさんがお家で挑戦しています。
詳しくはこちらから。
石川県Nさんの水平栽培


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています ポチッとクリックしてもらえると励みになります

ショップホームページへ



当ショップで紹介しているメロンやスイカの栽培が上に這っているように見えるのは、
伸びたつるを上へ上へとネットやひもで誘引しているからです。
メロンの誘引

なぜそうしているかというと
_に這わせる場所がないから
⇔个離ーテンとしての目的もあるため
収穫や葉を取り除くなど作業性もいいため

実は重くなるとつるからちぎれて落ちてしまいます。
なので実が大きくなるとカゴなどで落ちないように支えてください。
せっかく大きくなった実がボトっと落ちてるとショックですよぉ。
スイカ誘引

当店で上に這わせえ緑のカーテンにした
メロンとトマトで窓辺を被った栽培はこんな感じ。
メロンとトマトの緑のカーテン

小玉スイカとミニトマトで窓辺を被った栽培はこんな感じ
スイカとミニトマトの緑のカーテン

緑のカーテンについては詳しくはこちらで
緑のカーテン

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています ポチッとクリックしてもらえると励みになります

ショップホームページへ


水耕栽培なら脇芽はかかなくていいって本当?

 水耕栽培ならトマトやキュウリの脇芽をかかなくていいって話は本当ですか?
そんなご質問をいただきました。
それは環境条件によります。

水耕栽培、特にハイポニカは根の環境を良くしています。
だから土の栽培や他の水耕栽培に比べても根からの水分や肥料の吸収が良く、
地上部もとても良く育ちます。
詳しくは「ホームハイポニカと自作水耕の違い」をご参照ください。

通常土の栽培の場合、根の量やその吸収の状態を良く保つことが難しく、
脇芽を伸ばし放題にすると株が弱るとされています。
その点、ハイポニカで育てたトマトやきゅうりなどは根が元気に育つので、
脇芽をかかず、伸ばし放題にして着けたいだけ実をつけることができます。
水耕栽培と土の生育

でもハイポニカにも限界があります。
根がどんどん増えて装置の栽培槽いっぱいになると
液肥の流れが悪くなり、根への酸素や肥料の供給が悪くなり次第に老化していきます。
トマトの根
 ↑ 根がいっぱいになった状態。
この栽培槽が大きければ大きい程地上部もそれに比例して大きく育つことができるのです。

例えばホームハイポニカ601型ならトマトでこんな感じ
水耕栽培トマト

それより大きいサイズのホームハイポニカ303型ならこんな感じ
水耕栽培トマト

さらに農業用の水耕栽培装置3m×1mの栽培槽ならこんな感じ。
水耕栽培水平トマト
根の容量にそって伸ばし放題にできる度合いが違います。


それといくら根の容量が大きくても他の条件が整っていないなら伸ばし放題にできません。
よくあるのは日照条件。
例えば伸ばし放題にして伸ばしても陽が当たらない場所に伸びるようならそこで剪定します。
日陰に枝葉が伸びても扶養家族を増やすだけになります。
水耕栽培剪定方法

また株と株が重なるようであれば重なる前に剪定します。
枝葉が重なることで光も当たりませんが、枝葉が混み合うことで
害虫や病気が出やすくなるのを防ぐ意味もあります。
水耕栽培剪定方法

根の条件、光の条件、温度の条件などいろいろな条件がいい場合は
伸ばせるだけ伸ばし放題にしてあげてください。
たくさん実をつけてくれるはずです。

トマト・ミニトマトの種の採り方

 トマト・ミニトマトの種を採りたい
そんなご質問があります。

もちろん種を採ることはできます。
でもご注意ください。
一般にトマト・ミニトマトの種は採ったトマト・ミニトマトと同じ種にはなりません。
今売られている種や野菜のほとんどがF1種子と言って
交雑していい形質がでるように作られた品種です。
おいしかったり、病気に強かったり、たくさんなったり、大きく育ったり・・・。
人間の品種改良の成果で今のおいしいトマトやミニトマトがあります。

この交雑された品種はその種をまいても
芽が出て育った苗は同じ性質を示さなくなるんです。

人間の子供だって親から生まれても親と違いますよね。
それと似たようなものです。

ただ、同じにはなりませんがダメな品種と決まった訳ではありません。
種をとってどんな枝葉になるか?実がなるか?
楽しむのもひとつだと思います。

その上でどうやって種を採って保存すればいいか?

,泙困靴辰り熟させてください。
未熟な実では種も未熟なことがあります。
充分熟して勝手に落ちるくらいまで待ってもいいくらいです。

⊆造鬚弔屬靴銅錣里△襯璽蝓蕊瑤鯣酵させましょう。
この過程はしない方もいらっしゃいますが、
次の工程のゼリー部やヌメヌメが取り除きやすいくなるようです。
種とゼリー部を容器に入れて1週間ほど放置しておきます。

C禮しなどで水洗いしヌメヌメをとります
細かいザル、茶漉しなどがいいです。
これに入れて水道水で流し洗い種のまわりのヌメヌメを取り除きます。

た景校罎両紊覆匹砲いて乾燥させます
 
ゥ咼縫訛泙覆匹い譟⇔簑庫で保存しましょう。

あとは春になったら種をまいて生長を楽しみましょう!

ちなみにお子さんが食べて播いた種が芽を出して、
それを育ててどんなミニトマトができるか?
そんな栽培を楽しんだまよぱぱさんのブログがあります。
とってもおいしいミニトマトがとれたみたいですよ。
お子さんとの微笑ましい栽培のようすが記事になっています。

単為結果について 受粉しなくても実がなる

 単為結果ってご存知ですか?
通常果実はめしべに花粉が受粉して実をつけます。
ところが受粉しなくても果実が太ることがあるんです。
それを単為結果といいます。

たとえばきゅうりが分かりやすい例で、
キュウリは受粉をしなくても勝手に実を太らせる単為結果の性質を持っています。
キュウリを食べた時に中に種ってないですよね?
バナナやイチジクも単為結果の性質を持つ植物の例です。

またトマトやミニトマトにも単為結果の性質も持った品種があります。
代表的な品種はトマトではサカタのたねさんの「ルネッサンス」
ミニトマトではホームハイポニカ601,303におまけでついてる「ネネ」です。

左は単為結果のルネッサンスの果実。
種がないためゼリー部が少なく、果肉部が厚くなります。
一方右のトマトは受粉によって種のできた桃太郎系のトマトの実です。
単為結果のトマト

このようにその植物や品種の性質上、単為結果であることもあれば、
通常受粉で実を太らせる植物や品種も人工的な処理で
受粉しなくても実を太らせることができます。

例えばホルモン処理。
本来花粉がめしべに受粉した時に発生する植物ホルモンを
人工的に花に噴霧することで花粉で花に受粉したと勘違いさせて
実を太らせる方法です。
想像妊娠みたいなもんでしょうかね?
この場合も種はできないんですよ。

トマトトーンやトマトランと言われるホルモン剤が良く知られていますよね。
夏場、暑さで花粉の状態がよくないときにトマトやミニトマトの着果や、
温室栽培で虫がいない環境下で実をつける時に利用される方法です。

このような人工的に受粉の刺激を与えて受粉せずに実をつけることを他動的単為結果、
植物や品種の性質上、受粉しなくても結果するのを自動的単為結果と言います。

「自動的単為結果だと種ができないの?」
「いや私はキュウリの種を見たことがある!」って方もいらっしゃるでしょう。
そう、自動的単為結果であっても受粉すれば種はできるんですよ。
単為結果の植物や品種で種が欲しい場合は雌花に花粉をつけるか、
雌雄同花のトマトやミニトマトなら咲いた花を指で弾いたり、
指でつまんだりして受粉させてあげてください。

トマト・ミニトマトは寒さで枯れるとどうなるか?

 トマト・ミニトマトがいつまで栽培できるか?
そんなご質問が多く寄せられます。

トマトやミニトマトは寒さに弱く、10℃を切ると生長が緩慢になり、
5℃を切ると生長が止まり、0℃を切ると組織が凍って枯れてしまいます。

昨年3月から我が家で育てたミニトマト、
クリスマスイブでもまだ枝葉が元気で赤い実をつけていました。

動画でも紹介 こちらから

それが年末年始の寒さでとうとう枯れてしまいました。
動画で紹介 こちらから
おそらく雪か霜で葉や実の組織が凍ってしまい枯れたのでしょう。
葉はこんな感じに。


実はこんな感じにしぼんでしまいます。


これらの実も青いうちに収穫して室内においておけば食べられたなぁと
残念な思いがしています。
寒波が来る前に収穫してしまいましょう。

これ以外で枯れたりしている葉は今回の栽培においてはトマトサビダニの仕業です。
トマトサビダニの対処法については詳しくはこちらから。
秋にトマトやミニトマトが寒さで枯れたと勘違いしている方が多いと思います。
トマトやミニトマトは寒さで枯れる場合はこのようになります。
それ以前に枯れているのはほとんどトマトサビダニ他、病気や虫の害です。
ですから虫や病気の管理をもう少しちゃんとできればもっと長く栽培は楽しめるんですよ。

ちなみに我が家のこのミニトマトは3月に種まきをして6/14に収穫をはじめてから
クリスマスイブ6ヶのミニトマトを収穫するまでに通算3292ヶの収穫をしました。





トマトが赤くなるのは温度 ではお日様は?

 前回の記事でトマトやミニトマトが赤くなるのは温度が影響していることを説明しました。
http://q-and-a.gokigen-yasai.com/?eid=18
その記事を読んで
「ではお日様の光は重要じゃないの?」と質問が。

いえいえもちろんお日様の光は重要です。
開花した花を光が当たらないところで温度だけあってもまず実が太りません。
葉に光が当たり、葉で光合成をして糖を生成し、それが実に転流することで実が太ります。
だから温度だけがあればいいというものではありません。

まずトマトは充分な光がないと花さえつけません。
花芽のようなものが見えてもポロッと落ちたり、
花粉が充分でなく着果しなかったりもします。
また、もし着果までの光条件が良くて実が着いたとしても、
その後の光の条件が悪ければ実を少し太らせる程度で
小さいうちにポロっと実を落としてしまいます。

次に実を落とすほどでもないけど日照条件が悪いとどうなるか?
赤くはなるけどあまり味のしないトマトになります。
前回の記事http://q-and-a.gokigen-yasai.com/?eid=18で説明したとおり、
トマトは温度の条件で赤くなってしまいます。
でも味はトマトが花が咲いてから赤くなるまでの期間にどれだけ光が多く当たって、
どれだけ多くの糖分が葉から実に転流したかで違ってきます。
つまり、甘くて味がしっかりしているトマトを取りたいのなら、
温度は生長を止めない程度に低く、でも光の条件がいいのが一番なのです。

1年中でまわっているトマト、でも味って季節によって違いますよね。
一番おいしいのは夏ですか?
いえ、自然のおいしさというのは別にして例えばフルーツトマトのような
糖度を重視した場合の一番糖度が高くなる時期は春なんです。
どういうこと?
地球は水や土があって保温性があります。
だから太陽の光の増減とは少し遅れて気温が変化します。
日照はどんどん増えていくけれど温度は低い季節、2月くらいに花が咲いて、
ジワジワジワジワゆっくりゆっくり太陽の光を浴びて糖分を蓄え、
赤くなるまでにじっくり時間をかけた春のハウストマトが一番糖度がのっています。

えー、だって夏の方が太陽はサンサンと照っておいしいはずじゃ?
そう、太陽の光は多いけれど暑すぎてすぐ積算温度に達してしまうのです。
特にビニルハウスで栽培することの多い市販のトマトは
夏なんてすぐ積算温度に達してしまってじっくりおいしくなれないのです。

現在進行形のいい例をひとつ。
ごきげん野菜では知り合いの事務所で室内窓際ミニトマト栽培をしてます。
室内栽培ミニトマト
8/26種まき→10/18開花→11/25初収穫
窓際で屋外より光の条件が悪いのですが事務所ですから
昼間は暖かいし、夜間も21時くらいまで暖かい環境です。
動画でも紹介しています。動画はこちら。

逆に今ブログモニターさんの辰人さんの場合、
ギリギリまで屋外のよく日の当たる場所で栽培、
寒さに耐え切れなくなる前の11/15に屋内に移動。
8/21種まき→10/5開花と上記の我が家の栽培より早くに植えていますが、
11/30でまだほんのり赤い状態。まだ収穫できていません。
http://kenkou831.blog29.fc2.com/blog-entry-264.html
でも絶対辰人さんのミニトマトの方がおいしいはずです。
太陽の光はごきげん野菜の室内栽培より多くて、
温度は低いからじっくり赤くなっている。結果の記事が楽しみです。

ちなみに我が家の春から栽培している屋外で枯れそうなミニトマト、

こちらは寒い中じっくり育っているので甘いですよ。
でもここまで寒いと赤くなる色素を生成する温度帯でないのでオレンジ色で
赤くなるのが止まってしまいます・・・。
オレンジ色ミニトマト
だから屋外家庭菜園で言えば11月ごろが一番甘いかもしれませんね。
屋外栽培では春にトマトやミニトマトをとるのは無理ですものね。

こんな風に植物は温度と太陽の光、その他たくさんの環境条件に合わせて、
それでもその時その時の条件に精一杯できる限りの生長をして果実をつけてくれます。
この季節はいい、この季節は悪いではなく、この情報をもとに
「なるほど、この時期はこうだからトマトはこんな味なんだ!」
っていろいろな季節のいろいろな味を楽しんでくださいね。
今ある条件の中で精一杯がんばってくれる植物くんたちに
「ありがとう」って思えるような情報が提供できればうれしいです。

トマト・ミニトマトの着色 いつ赤くなる?

 まだ青いトマト(ミニトマト)があるのですが赤くなりますか?
この季節そんな質問が増えます。

その回答はいつ花が咲いたかとその地域の温度によってきます。

トマト・ミニトマトは開花から毎日の平均温度を足していった積算温度で赤くなる日にちが決まります。
トマトだと800〜1000℃(品種によって違います)
ミニトマトだと750〜850℃(品種によって違います)くらいです。

どういうことかと言うと
例えば10月1日に開花したトマトは
広島の10月の平均気温は19.5℃ 19.5℃×31日=604.5℃
11月の平均気温は12.0℃×30日=360℃
10月1日に咲いたトマトならなんとか雪や霜で枯れる前に赤くなってくれるかもしれませんね。
ミニトマトならなんとか赤くなって収穫済みでしょうか?
※お住まいの地区の平均気温は気象庁の過去の気象データから検索できますよ。
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php

11月1日に咲いたトマトだとかなり厳しいでしょうね。
まだ積算温度が360℃にしかならないからです。
あと440〜640℃に達するには
12月は広島で平均気温が8℃ 8℃×31日=248℃
1月の広島の平均気温が5℃ 5℃×31日=155℃
これでもまだまだ積算温度は800℃に達しません。
おそらく12月1月の寒い日に葉が枯れてしまうでしょう。

トマトは0℃を切らなければなんとかかんとか生長を止めて生きている場合がありますが、
氷点下になると枯れてしまいます。

でももしあと少しで積算温度に達しそう・・・。
と言うことであれば青い実をとって温かい部屋に入れておくと赤くなってくれますよ。
トマトの木で赤くなるトマトに比べると少し甘みに欠けるかもしれませんが、
それでも自分で育てて寒さに耐えてくれたトマトはおいしいですよ。
是非試してみてくださいね。

1

          

サイト内検索

疑問や質問を検索してみてね
新しいブログへ 記事一覧へ

最新記事

分類カテゴリー

プロフィール

履歴

新しいブログへ

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
トップページへ 商品一覧へ ハイポニカへ 栽培事例へ 緑のカーテン ブログモニターへ 新しいブログへ

recent comment

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
新しいブログへ