秋トマトをとるための今からの注意点

 水耕栽培、特に循環型であるハイポニカの特徴は植物が元気にぐんぐん大きくなること。
夏の暑さにも比較的強いのも特徴のひとつです。

近所の畑のトマト君たちを見てください。
赤い実をつけているけどその先はもう摘心して伸ばしていないですよね。
じつはトマトは夏の暑さには弱くて、実を太らせながら新たに花を咲かせ、
実をつけるのは結構難しいんです。
でも、植物が元気な水耕栽培(ハイポニカ)なら秋トマトも夢じゃない!

今日は8・9月の栽培の注意点を紹介します。
|絏未里燭瓩離曠襯皀鷭萢
▲肇泪肇汽咼瀬砲遼表
青虫くんたちにご注意

まずは|絏未里燭瓩離曠襯皀鷭萢
梅雨明けの時にも説明した通り着果処理をしましょう。
http://q-and-a.gokigen-yasai.com/?eid=64

猛暑はトマト君たちにも大敵。
猛暑では花が弱って自然な状態では実を着けにくくなります。
朝の涼しい時間帯、トマトの花が元気なうちにホルモン処理を行なってください。
ホームセンターや園芸店でトマトトーンという商品名で売っています。

朝の涼しい時間、3,4日に1回ホルモン処理をおすすめします。
※夏のトマト・ミニトマトの花の高温障害についてはこちらの記事で詳しく説明しています。
http://q-and-a.gokigen-yasai.com/?eid=8


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています 
ポチッとクリックしてもらえると励みになります


ショップホームページへ


 ▲肇泪肇汽咼瀬砲遼表
トマトサビダニ、肉眼では見えないくらい小さなダニ。
茎や葉が茶色になって葉がみるみるうちに枯れていきます。

虫が見えないので暑さで枯れたと思い込んでる園芸家も多いと思います。
他の害虫対策で農薬をかけていると出てこないのですが、
無農薬や低農薬栽培で努力している園芸家・農家さんでとても困っている害虫です。

我が家でも初期の発生を発見。
 ↓ ↓ ↓

茎が茶色になっているでしょう。

ひどくなるとこの周りの葉が黄色から茶色になって枯れていきます。
これは昨年葉が黄色になるまで放置してしまった時の写真。
 ↓ ↓ ↓


更に茶色に枯れ始めるとこんな感じに。
 ↓ ↓ ↓
トマトサビダニ葉害

そして更には実もこんな具合になります。
トマトサビダニの被害果実

ここまで来るとかなりひどいですね。
葉が枯れ始めると被害が一度に進みます。
そうなる前の早めの防除が秋や冬にも長くトマトやミニトマトを採り続ける秘訣です。

ではどうやって防除するか?
茎が茶色になっているのに気づいたらその周りの葉を取って、
込み合っているところをスッキリさせてください。
葉を取る前。
 ↓ ↓ ↓


葉を取った後。
 ↓ ↓ ↓

すっきりしたでしょう?


そして殺ダニ剤を散布しましょう。
えー、農薬!
家庭菜園で農薬って嫌ですよね。

だから店長も家庭菜園家の希望に沿うよう、
有機農産物栽培(JAS)で使用が許されている農薬(天然成分由来など)での対処を紹介しています。

その中のひとつがコロマイト。


有効成分であるミルベメクチンは微生物が生産する天然物なので
無農薬栽培や減農薬栽培で農薬としてカウントされない比較的安全な農薬のひとつです。
 ※この辺の農薬の説明はまた記事にしますね。

こういった天然系の農薬は効き目が鈍いことが多いのですが、
このコロマイトはトマトサビダニに効果がありました。店長実証済み。
またカダンセーフシリーズもトマトサビダニに効果がありました。店長実証済み。

こちらも有機農産物栽培(JAS)で使用が認められています。
ヤシ油やでんぷんで虫の表面を被って窒息死させる仕組みです。

トマトサビダニについてはこちらでも詳しく記事にしています。
http://q-and-a.gokigen-yasai.com/?eid=4 


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています 
ポチッとクリックしてもらえると励みになります


ショップホームページへ


青虫くんたちにご注意
そして蛾や蝶の類の青虫君たちもこれから大量発生します。
ヨトウムシとかもこの代表的な害虫。

先日の我が家の被害。
 ↓ ↓ ↓




こうやって生長点を食べるから腹が立つんですよね。
葉を食べるだけならともかく、やわらかくて美味しい生長点を食べるんです。
生長点を食べられると新しい芽が伸びないから新しい花もつかない。
ほんと困ります。

またせっかく着いた実も食べるんです(怒)!
 ↓ ↓ ↓


赤い実を食べると青虫は赤虫になってウンチも赤いんですよ。
 ↓ ↓ ↓
 

とりあえずの防除法は早期発見、早期撤去。
糞が見えたらそのへんにいます。
探してつかまえて取り除く!

葉の上や装置にこんなウンチがあればその上をみてみましょう。
奴らがせっせと葉や実を食べてるはずです。


防除法としてBT剤という微生物を使った農薬があります。
これも有機農産物栽培(JAS)で使用が認められている農薬のひとつです。


店長が協和蟷代、農家さんにお薦めしていた農薬ですが、
屋外栽培が多い家庭菜園で効果があるか?
ただ今実験中です。
この効果の程はまた実験結果が出たらご報告しますね。

長くなりましたがこの時期この三点を気をつけると
夏越しで秋トマトを楽しむことができます。

水耕栽培だから楽しめる長期栽培。
近所の畑にトマトがなくなり、スーパーのトマトが高くなる時期に
「我が家はまだトマトがあるもんね!」とちょっと優越感を感じたい方、
ぜひ早朝のひと手間、害虫への注意をしてがんばってみてください。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています 
ポチッとクリックしてもらえると励みになります


ショップホームページへ



当店では子供服や絵本のおふる・使っていない日用品を提供する支援サイトの運営・管理をしています。
被災地外では支援の熱が少し冷めてきているのか提供の件数が減ってきています。
子育て世代でなくても参加可能です。
是非一度サイトにいらしてください。

みなさまのご協力・お参加お待ちしております。


トマトの斑点細菌病の症状と対策

熱心なユーザーさんからこんな質問がきました。

水平棚上部の先端部がどうもおかしいのです。
固くてすぐ折れたり、葉っぱが丸まったり、枯れてきたり、黒いシミが付いていたり。
これは病気なんでしょうか。




 
店長自身も何か分からず、協和株式会社のかつての上司や先輩に質問。

その回答は「斑点細菌病」とのこと。

調べてみると多湿の環境で発生するみたいです。

上司からは
斑点細菌病ではないかと思われます。
この時期は比較的出やすいです。そんなに広がる病気でもないし、
気にする必要はありませんが目立つ葉っぱを除去する程度で大丈夫。
もし防除するなら銅剤が効果があります。
 
先輩からもこんな回答
よく似た症状は神奈川で水平栽培しているお客さんで見たことがあります。
生長点がほぼ写真のようになりました。
生理障害?病気?と疑いましたが(おそらく斑点細菌病だと思います)、
液肥更新をして樹勢が回復し自然になおりました。
 
なので多湿の環境(梅雨)ではなくなるので症状のひどい葉だけ除去すれば大丈夫だと思います。
あとは自然に治るみたいでそれほど心配する病気ではないようですね。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています 
ポチッとクリックしてもらえると励みになります


ショップホームページへ


でももし心配なら銅剤の散布をされてもいいでしょう。

銅剤っていのは文字の通り銅を使った農薬。
でも農薬と言っても有機栽培で使用してもOKな優しい農薬。
なので「農薬なんて!」って思わないでご利用いただければと思います。

細菌性の病気にはこの銅剤が使われます。
うどんこ病とか灰色カビ病とかのような菌の病気は殺菌剤ですが、
細菌が原因する病気は一般的な殺菌剤では効果がありません。

菌と細菌は違うんですよ。
細菌性の病気の時はぜひこの銅剤をご利用ください。

園芸店やホームセンターなどでボルドー剤の名前でよく販売しています。
 
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00159.html
これは一例。いろんなメーカーからいろんな名前で販売されています。


 ちなみにこのご質問者は家庭で巨木のトマト栽培に挑戦している石川県のNさん。
こちらの記事で紹介しています。
http://q-and-a.gokigen-yasai.com/?eid=55

病気になっていると言えどもこんなに立派に育っています。


きっとこのように小さな変化に気付くほど大切に大事に育ててらっしゃるのが
1本で370個のトマトを収穫できた秘訣だと思います。

今年は600個を目指して頑張ってらっしゃいます。



にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています 
ポチッとクリックしてもらえると励みになります


ショップホームページへ



当店では子供服や絵本のおふる・使っていない日用品を提供する支援サイトの運営・管理をしています。
被災地外では支援の熱が少し冷めてきているのか提供の件数が減ってきています。
子育て世代でなくても参加可能です。
是非一度サイトにいらしてください。

みなさまのご協力・お参加お待ちしております。


納豆菌がうどん粉病や葉カビ、灰色カビに効く?

 こんなご質問がありました。

メロンの定植後40日くらいから下のほうの葉に茶色の斑点が発生しています。
納豆菌が利くと聞いたので市販の納豆をジューサーで砕き、水で薄めてジョーロで撒いてみましたが、効果はありませんでした。

納豆そのものを溶かして散布する方法は聞いたこともやったこともないので何とも言えません。
ですが納豆菌で病気を予防する技術はあります。

正確には納豆菌の仲間のバチルス・ズブチルス菌が農薬登録されていてうどんこ病や葉カビ、灰色カビ病の予防に効果があり実用化されています。
ここで重要なのは予防の効果があるということです。
 
どういうこと?
病気になる前の葉っぱにこのバチルス・ズブチルス菌をかけておくと、うどんこ病などの病気の菌が葉っぱを占有する前にバチルス・ズブチルス菌が先に陣取りをしてしまうので、後から病気の菌が入れない。
つまり、病気にならないというメカニズムです。
だから、病気になった後にかけても病気になった葉は治りません。
 
また、新しい葉が出る度に予防的に繰り返し散布する必要があります。

この技術はボトキラーという商品名で生物殺菌剤として10年程前から農業では多く利用されています。
ボトキラーの説明ページhttp://www.idemitsu.co.jp/agri/product/microbe/germicide/botokira.html
私も協和株式会社在職時には使いましたし、農家さんにも利用をすすめました。
これは天然成分でできた農薬なので化学農薬でななく、安心安全な農薬で、予防することで減農薬につながるからです。

でも家庭用で使うような販売はされていなかったのですが、先日ホームセンターで見つけたんです!
家庭用でも利用できるバチルス・ズブチルス菌!
早速購入しました。
ボトキラー

でも家庭で使うと雨で流れ落ちるのでは?
どうなるんだろう?
先日キュウリを新たに植えたので使ってみたいと思っています。
また実験結果は報告しますね。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています ポチッとクリックしてもらえると励みになります

ショップホームページへ

当店では子供服や絵本のおふる・使っていない日用品を提供する支援サイトの運営・管理をしています。


被災地外では支援の熱が少し冷めてきているのか提供の件数が減ってきています。

子育て世代でなくても参加可能です。

是非一度サイトにいらしてください。

みなさまのご協力・お参加お待ちしております。


ミニトマトの葉が黄色になる 何故?

 ブロガーのしろさんからこんな質問がきました。
ちなみにしろさんのブログはこちらから

トマトの成長は順調なのですが、葉っぱが黄色くなったりする部分があります。
原因は何なのかわかるようでしたら、ご教示ください。
しろさん画像
しろさん画像

これは病気や虫の害ではありません。
光が当たりにくい下の方の葉が枯れてきているだけです。

全体像の様子を見てもどの枝もヒョロっと伸びています。
窓辺で明るい場所ではありますがやはり屋外に比べると極端に日照は少ないのです。

この葉を放置していても病気や害虫の被害ではないので特に対処の必要はありません。
でももし屋外に設置できるのであれば少しでも光の多いベランダに設置する方が
黄色くなる葉も減りますし、ミニトマトの生育も良くなります。
ミニトマトの実の数も多くなり、味も光が多い方が断然よくなります。



にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています ポチッとクリックしてもらえると励みになります

ショップホームページへ



夏場は屋内に入る光も減ります。
ご注意ください。
室内と屋外の光

灰色カビ病 トマトの実が灰色に腐っているのは何?

 とっても熱心なホームハイポニカユーザーの石川県Nさんからこんなご質問がきました。

へたの周りが茶色く変色したトマトが出ました。
今のところこの1個以外には症状が出ていません。
この時期に病気の果実を見るのは初めてのことです。これは何の病気でしょうか?
トマト灰色カビ

これは灰色カビ病です。
20℃くらいの温度帯で湿度が高い時に発生します。
屋外で栽培することが多い家庭菜園ではほとんど見られない病気です。
●梅雨で湿度がたまりやすい時期であること、
●このNさんは水平栽培に挑戦されていてどうしても茎や葉が重なり湿度がたまりやすい
※Nさんの挑戦しているホームハイポニカでの水平栽培についてはこちら
この2点が要因で発生したのでは?と思います。

多発していないようであれば屋外栽培では出ない病気なので、
気にしなくても大丈夫だと思います。
ただ、このような実が多発し、茎にも侵食しているようなら対策が必要です。


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています ポチッとクリックしてもらえると励みになります

ショップホームページへ

★まず灰色カビ病とはどんな病気か?

ハウス栽培のトマトでは常連の病気で、春・秋など温室を締切る季節、
ハウス内の湿度が高くなり多発します。

花弁の枯れた部分やガクの枯れた部分、枯葉など、
最初は枯れた組織に灰色カビが繁殖し、
そこから生きた元気な組織にも侵食して実や茎をダメにしてしまいます。

上記の画像のように青い実が灰色に腐っていき、
枝からボトっと落ちるようすから別名「ボト」とも言われています。

多発すると実がボトボト落ちること、
あとは枯れた葉から茎にカビが侵食し、
茎がカビの害でダメになるとその先の枝葉が全て萎れてダメになります。
灰色カビ茎
こうなると実は落ちるは、枝葉はダメになるはと被害の大きい病気です。

★対策は?
“症している果実・葉を取り除く。
発症している茎をカッターナイフで削りとる。
灰色カビ茎
M佞箏圓重なっている部分で湿度が高くなり発症するので
重なった葉をハサミやカッターナイフで切り、風通しを良くする。
じ呂譴寝嵎曚簍佞ら入りやすいので、枯れた花弁や葉を取り除く。
コタДビに効果のある農薬を散布する

★灰色カビに効果のある農薬
園芸店やホームセンターなどでトマト・灰色カビと表示のある農薬を探してください。
湿度が大敵の病気ですから、散布後に乾くように夕方ではなく、暑くなる前の朝方の散布がおすすめです。

農薬はちょっと・・・?と気にされる方にはこんな農薬があります。
ボトキラー
これは納豆菌からできた有機栽培でも認められている環境にも食べるのにも安全な殺菌剤です。
うどん粉病などにも効果があって家庭菜園用にも販売されています。
ボトキラー
詳しい内容は別の記事にします。こちらから

まず屋外栽培の家庭での栽培ではここまでする程被害は出ないと思います。
Nさんもこれ1個のことであれば対策も不要で気にせず栽培を続けてください。
ハウス栽培の方は多発して被害の大きい病気なので注意して欲しい病気です。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています ポチッとクリックしてもらえると励みになります

ショップホームページへ


ミニトマトの葉の斑点は何?

 ブログモニターさんのくるまるさんより質問がありました。

この白い斑点は何?
葉やけ

これはおそらく病気ではなく葉焼けだと思います。
曇や雨が数日続いて急に晴れるとその強日照に葉が焼けることがあります。
一時的なことなので晴れの天気に慣れると焼けなくなります。
これが日に日に増えるようなら別の病気を気にする必要がありますが、
増えないようであれば問題ありません。

また、別の場所の葉でこのような黒?紫?の斑点も。
老化葉
これは老化した葉に出やすい症状で、下の方葉に出ます。
上の方の若い葉に出れば気にする必要がありますが、
株元の古い葉であれば気にしなくて大丈夫ですよ。

いつも細かい植物の変化に気付いてくださる「くるまるさん」。
くるまるさんのブログはこちらです。
太陽光発電の電源で間欠運転のホームハイポニカと
通常の24時間稼動のホームハイポニカとの比較栽培をされています。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています ポチッとクリックしてもらえると励みになります

ショップホームページへ


虫じゃない、病気じゃない、でも調子が悪い

 ホームハイポニカの栽培においては基本的に液肥(培養液)の更新は必要ありません。
その記事はこちら 液肥(培養液)の入れ替えは必要?

でも虫でもない、菌類による病気でもない、だけど何となく調子が悪い時、
原因はいろいろですが肥料のバランスが崩れていたり、
肥料バランスはよくても根の状態やpHなどの関係で必要な肥料を吸えない状態に
なっている可能性があります。
そんな時には液肥(培養液)を入れ替えましょう。
原因はいろいろ考えられますが、考える前にまずは入れ替えてしまいましょう。

以下は考えられる原因の代表的なものです。
…垢ご岷嬌遏頁殕椡奸砲猟媛辰鬚靴討い襪Δ舛鉾醂疏叛のバランスが崩れた
長い間栽培しているうちに液肥(培養液)のpHが崩れた
※pHが高いと液肥(培養液)内に鉄分があっても植物にとって吸収しにくい環境になります
1水や井戸水の利用を繰り返すうちに液肥(培養液)の成分バランスが崩れた
の匹れと思って変わった肥料や添加物を入れてみたことによって肥料バランスが崩れた
ツ垢ご嶌惑櫃靴討い襪Δ舛忘腐れ病の菌が液肥に増え、根の調子が悪く肥料が吸えない
※病気がなくなる訳ではありませんが、入れ替えることで菌の密度が減り、
新しく元気な根が出て調子がよくなることがあります。

でもこれらの原因はよく起こることではありません。
何が調子が悪い時はまず以下までご相談してみてください。
ごきげん野菜バナー2


ハモグリバエ

 ウリ科ハモグリ
ウリ科のハモグリバエの被害です
ハモグリバエは幼虫が葉の間を食べて進みます。
進んだところが白く絵を書いたみたいに見えるので
別名「絵描き虫」と呼ばれています。

少し出ている分には大した被害ではありませんが、
ひどくなると葉の殆どを真っ白にしてしまい、
その葉っぱが機能を果たさなくなります。
トマトハモグリ


この位の被害状況になると幼虫がサナギになって
葉の外に出て下に落ちています。
黄色や茶色の1,2mmの粒です。
分かるかな?
こんなのです。
ハモグリサナギ

対策としては葉の筋の一番先に黄色い幼虫がいるので
プチッと指で潰します。
トマトハモグリつぶす
親指の先のちょっと黄色いところ。
これが絵を描いてる幼虫です。
潰しましょう。
そうすればその幼虫はそれ以上被害になりません。
多発している場合は下に落ちているサナギを取り除くましょう。
これらが羽化して成虫のハモグリバエになって、
また新たに葉にたまごを産みます。

下図の葉の白い点々はハモグリバエの卵を産んだ後です。
これが全て幼虫になって絵を描き始めるとすごい被害になります。
こんな状態ならハモグリバエに効果のある薬を散布した方がいいです。
もしくは幼虫が食べ進み始めたら地道に潰しましょう
トマトハモグリ点々

トマトサビダニ

トマトの害虫で困ったものがこのトマトサビダニ。
葉や茎が枯れてくるのですが問題のトマトサビダニ君は肉眼では確認できません。
だから多くの人は「暑さで枯れてきた・・・」と思うみたいです。
 
特徴は葉が茶色に枯れてきて、茎が茶色(サビ色)になります。
トマトサビダニ茎害
分かりますか?
左の茎は正常な茎。
右はトマトサビダニの被害のある茎です。

トマトサビダニ葉茎害
こんな風に葉が枯れ始めます。
で、茎が茶色になって上下の葉も枯れ始めます。
あっという間に広がって、実っていた果実もガサガサとしたかさぶたのような細かい傷のようなものができてツヤがなくなってしまいます。
トマトサビダニの被害果実
生長点も枯れて伸びなくなってしまいます。
トマトサビダニ被害
ひどくなるとくもの巣のようなトマトサビダニの巣ができます。
この段階になるとかなりの重症。復活は厳しいかもしれません。
本当に厄介な害虫です。

どれくらいあっという間に広がるかというと・・・。トマトサビダニ7/9
7月9日こんなに元気だったのが

トマトサビダニ7/22?
7月22日にはこんなに枯れちゃいます
トマトサビダニ7/22?
横向きでごめんなさい
枯れた枝葉です。

トマトサビダニ7/24
7月24日被害の枝葉を取り除くとこんなになっちゃいました。
そのくらいあっという間に広がるんです。怖い怖い。

トマトサビダニ8/24
でもハイポニカなら8月24日にはこんなに復活しました。
どういう対応をするかは後述。

このトマトサビダニ、トマト農家さんの中でも農薬の散布が少ない農家さんで困っている害虫。
他の害虫で困っていると何かしらの農薬を散布しているのであまりこのトマトサビダニで大きな被害は出ません。
それくらい弱い害虫なのですが、農薬をかけずに楽しみたい家庭菜園でも同様の現象がありよく発生しています。

どう対策すればいいか?
,泙困漏欧僚个討い詬佞鮴擇衢遒箸后切ったものは焼くなり捨てるなり早く処分してくださいね。
¬瑤鮖局曚垢襦A當か夕方の涼しい時間に 3日ほどあけて3回散布しましょう。
普通の農薬は成虫には効くけど卵や幼虫には効かないことが多いんです。
だから
1回目散布 → 成虫に
2回目散布 → 1回目散布時に幼虫だったのが成虫になって薬が効く
3回目散布 → 1回目卵で2回目幼虫だったのが成虫になって薬が効く
ではどんな薬をかければいいのか?
園芸店、ホームセンターで販売している化学農薬であれば大概効きます。
それくらい弱い害虫です。

でも家庭菜園で化学農薬って余り使いたくないですよね。
そこで天然成分の農薬を試してみました。
コロマイトはよく効きました。

これは卵・若虫・成虫のすべてのステージに効果があるそうです。
ですが1回の栽培に1〜2回(作物によって異なる)と使用回数に制限があります。
抵抗性を付けないためです。

コロマイト程ではありませんがカダンセーフもアブラムシ防除で散布していると
トマトサビダニ多発の予防になっていた気がします。
カダンセーフ アブラムシにも効果があります。


粘着くんというでん粉をかけて乾燥したときに窒息する薬もありますが、
私の経験上ではコロマイトの方が効き目が良かったです。 

1

          

サイト内検索

疑問や質問を検索してみてね
新しいブログへ 記事一覧へ

最新記事

分類カテゴリー

プロフィール

履歴

新しいブログへ

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
トップページへ 商品一覧へ ハイポニカへ 栽培事例へ 緑のカーテン ブログモニターへ 新しいブログへ

recent comment

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
新しいブログへ